1058.サクランボ


解説

バラ科サクラ属  落葉高木 桜桃(おうとう)とも呼ばれる。 果実は丸みを帯びた赤い実、品種によって黄白色や葡萄の巨峰のように赤黒い色で紫がかったものもある。生産地として有名なのは 山形県で、県の木になつている。

商品化され店頭に並んだものはサクランボと呼ばれる。樹木を桜桃、果実をサクランボ分ける場合もある。

名前の由来は「桜の坊」からで、桜の実という意味。

写真
写真
樹形
表皮