1181.コバノミツバツツジ

解説
コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅) ツツジ科ツツジ属の落葉低木。 コバノミツバツツジは高さ2-3メートルなる落葉の低木。本州、静岡県以西から四 国・九州に分布している。長野県以西のアカマツ林など、明るい二次林に生育する。 ほぼ落葉し、早3-4月頃に新葉の展開に先だって紫から淡紫色の花を多数咲かせる。 花は直径約3センチ。1本のめしべの回りに10本のおしべがある。花粉は細い糸でつな がっており、訪れる昆虫の体に付着しやすい構造となっている。名前の由来は「小葉 の三つ葉つつじ」の意味である。茎端から3枚の葉を出すミツバツツジの仲間にはた くさんの種類があるが、そのなかでも小さな葉を持つということである。 コバノミ ツバツツジは、時としてヤマツツジと区別しにくいことがある。葉裏の明瞭な網目模 様を記憶しておくと区別が簡単である。
樹形

コバノミツバツツジ

コバノミツバツツジ コバノミツバツツジ