1182.ミツバウツギ


解説
 落葉低木 学名:  和名:三葉空木  分布:日本各地、および朝鮮半島、中国の温帯から暖帯の山地の樹下に生育  樹高:高さ2~3m  花と開花:初夏、若枝の先に円錐花序につき花の長さ5~8mmで平開しない。  実となる月:  枝:枝は灰褐色で無毛  葉:小葉は長さ2~9cm。
 名前の由来:和名三葉空木(みつばうつぎ)は3小葉でゆきのした科のウツギに似た花が咲くのにちなむ。  用途:材は堅く箸や串に用いる  食用途:若葉は可  
ミツバウツギの花
 神戸森林植物園  2015年4月28日 撮影
写真
神戸森林植物園 2000年4月30日撮影
樹形
写真
神戸森林植物園 2000年4月30日撮影

世界の木材目次にもどる