1209

1209.ギンヨウアカシア

解説
ぎんようあかしあ(銀葉アカシア) マメ科アカシア属。アカシア属には数百種~千数百種が属する。常緑小高木。高さ5-10mほどになる。原産地はオーストラリア。関東以西の低地では街路樹や公園などに多く植栽されている。日当たりと水はけのよい土地を好み、乾燥に強くやせ地でもよく生育する。正しくはアカキア属というがアカキアではなく一般にはアカシアという。2~4月に黄色の房状の集団花を咲かせる。香りも良く、生け花にも良く使われる。葉はネムの木に似て、2回偶数羽状複葉で,らせん状に密につく。 羽片は3~5対ある。また、白い粉に覆われる。切花やドライフラワーにも利用されれる。
写真
神戸森林植物園 2000年3月撮影
神戸森林植物園 2000年3月撮影

ギンヨウアカシアの実 ギンヨウアカシアの実
上2枚 宇治市植物公園 2013年6月9日 撮影