1225.ミッキーマウスの木

解説
オクナ科。常緑低木。正式な名称はオクナ・セルラタという。原産地南アフリカで、高さ1-3メートルになる。春から夏にかけて、2センチほどの黄色い花を咲かせ、花後も雄しべが残り、萼片が赤く色づいて盛り上がって中心部(花床)に光沢のあるやや縦長で球形の果実をつける。果実は最初緑色で、熟すと黒くなり、果実やがく片の色合いや姿からミッキーマウスノキという名がついた。葉は長楕円形で長さ4cmフチに細かいギザギザがある。
ミッキーマウスの木の花
大阪府河内長野市 花の文化園 2014年8月17日
写真
花の文化園 2003年7月11日
写真
 花の文化園 2012年6月13日
実と葉
ミッキーマウスの木
 花の文化園 2014年6月15日
ミッキーマウスの木の花
 花の文化園 2014年5月6日
ミッキーマウスの木の花 ミッキーマウスの木の花
大阪府河内長野市 花の文化園 2014年8月17日