1263.フユサンゴ


解説

フユサンゴ(冬珊瑚)
ナス科ナス属。常緑小低木。ブラジル原産で、明治時代に渡来し、観賞用として植裁されている。別名はタマサンゴ、クリスマスチェリーなどという。 高さ50-100センチ。葉は互生で細長い楕円形である。5-9月に直径1センチもない白い花が下向きにつく。花冠は5裂する。雄しべは5個。黄色の葯が花柱をとりかこむようについている。10-12月頃になる小さな実は初めは緑色で徐々に真っ赤になる。黄実のものなど園芸品種もある。