1266.セイヨウヒイラギ


解説
モチノキ科モチノキ属。常緑小高木。別名をセイヨウヒイラギモチという。原産地はヨーロッパ西部・南部、アフリカ北西部、アジア南西部である。冬になる赤い実が美しく、クリスマスの装飾の定番ということもあり、園芸用に育成されており、黄色い実やとげのない葉など、多数の園芸品種も育成されている。高さ4-6メートルに達し,よく枝分れしてピラミッド形の樹形となる。葉は互生し、長さ5--12センチ、幅2--6センチ、若い枝や下の枝では葉の縁が数箇所鋭く尖るが、古い枝や上の枝では刺の数が少なく、葉先のみ尖るが、縁は全縁となるときがある。雌雄異株。5-6月に前年の枝の葉腋に房状に咲く。花は小さくて白く,4-5個の萼片、花片と雄花ではおしべ、雌花ではめしべと退化雄蕊がある。晩秋、果実は直径6-10ミリの核果で赤く熟し、4個の種子を含む。非常に苦いので、冬の間も鳥に食べられることは少ない。また、常緑で真冬に赤い実をつけることから、ヨーロッパではキリスト教以前にもドルイドにより聖木とされ、古代ローマではサトゥルヌスの木とされ、その祭の直後に当たる12月25日の冬至祭で用いられたため、後にクリスマスにつきものの装飾となったといわれている。材は白く堅いので、細工物、特にチェスの白駒(黒駒は黒檀など)に使われる。
葉と実
提供:4028mdk09