131

.シナノキ
単独ページで見る(Target New) | フレームに戻る

解説

シナノキ科。落葉高木。日本特産種で、北海道から九州までの各地で見られ、ブナ、ミズナラ、カツラ、カエデ等と混成し分布する。県の木で指定している長野県では、古名である信濃は、古くは「科野」と記したが、シナノキを多く産出したからだともいわれている。高さは20メートル以上にもなり、幹の直径は1メートルにもなる。
欧米では、リンデンと呼ばれ、街路樹として親しまれているボダイジュ(西洋科樹)の親類で、どちらも公園や広場などでよく見られる。高さ18m。直径60㎝。枝もよく茂り、楕円形の端正なシルエットをしている。

耐寒性が強く、暑さに多少弱いところがあり、関東以北や高冷地の並木や、街路樹としてよく植栽されている。
蓄積量は、北海道にかなり多い樹である。
樹皮は暗褐色で表面は薄い鱗片状で縦に浅く裂けやすい。葉は互生し、長さ6-9センチ、幅5-6センチで先のとがった左右非対称の心型で周囲には鋸状歯があり、秋には黄色に紅葉する。

花は、6-7月ころに集散花序で花柄が分枝して下に垂れ下がる淡黄色の小さな花をつける。花序の柄には苞葉をつける。果実はほぼ球形で、秋になって熟すと花序とともに落ちる。

樹皮(内皮)は「シナ皮」とよばれ、繊維が強くねばりがあるので主にロープの材料、麻布の代用品とされてきたが、近年合成繊維のロープが普及したため、あまり使われなくなったが、1990年代頃から、地球環境を見直す意味で麻などと共にロープなどへの利用が見直されている。また、木の皮の繊維でアイヌは衣類など織物を作ったとされる。

木材としては木理は精。比重は0.50。年輪のわかりにくい散孔材で、心材は、淡黄褐色で、辺材は、心材より少し白味を帯びた色をしている。 軽く、ツメを立てると型がつくほど軟らかく加工しやすい木である。しかしが耐久性に劣る。
一番の用途は、シナベニヤと呼ばれる広葉樹合板用材として、建築などで活躍している。その他割り箸、マッチの軸、鉛筆材、アイスクリームのへら、木彫りの民芸品などに利用されている。また、花からは良質の蜜が採取できる。


写真
写真 写真
樹形
写真 写真
表皮

写真 写真