150.イチョウ


解説
 イチョウ科。
 落葉高木。庭木として見かけるが、東京・大阪など都市では街路樹としておなじみである。 成長が早く、公害に強いうえ刈り込みに耐える性質から、高さも30-40m、直径5mくらいまで成長する。  樹皮は淡灰褐色で荒く、縦に割れ目ができ、木によって雄と雌に分かれている。 たいへんポピュラーな樹木だが、知られざるドラマもある。イチョウが地球の各地で盛んに見られたのは1億5000年あまり前。 つまり巨大恐竜の時代である。その頃は17属はあったといわれる。 しかし、氷河期がきてほとんどは滅亡し、中国にただ1種が生き伸びた。 それが今日見られるもので、だからイチョウは裸子植物中、イチョウ網・イチョウ科・イチョウ属という植物の大分類から  小分類 を通して、ただ一つの現生する種類だ。原始的な樹種のため、特異な性質がある。一つは幹の太い枝のつけ根  あたりから澱 粉を含んだ乳が出ること。もう一つは種子が葉の上にできる種類があることである。木理はほぼまっすぐで、 加工もしやすく狂いも少ない。 碁盤、将棋盤のほか、算盤珠、まな板などの器具材、漆器木地、天井板などの建築材、家具材に広く使われている。
 種子銀杏 は食用以外に、咳止めにも使われ、葉はしおりにするとシミがつかないそうである。
木目
写真
樹形
写真
小石川植物園  2000年8月24日?
写真
神戸森林植物園  2003年11月3日?
イチョウの葉
最も有名なイチョウ 精子発見のイチョウ
写真 写真 写真
上3枚 小石川植物園  2000年8月24日?
写真
通勤途中 2005年10月3日?
イチョウの実 イチョウの実
上2枚 大阪市 長居植物園  2014年8月24日
並木道
写真
大阪 御堂筋 2009年12月19日?
写真
大阪 御堂筋 2000年12月20日?


写真

この木に関する俳句いちょう