0166.クチナシ


解説
 アカネ科。
常緑低木。静岡県以西の本州・四国・九州の暖地に分布する。
 幹はよく分枝し、高さ2mほどになる。葉は対生し、長さ5-12cmの楕円形で  表面に光沢があり、全縁で先はとがる。6-7月、枝の先端に香りのよい  白い花が開き、のちに淡黄白色に変わる。
 また、庭木・切り花用として栽培される。果実は長さ3cmほどの長楕円形で、  11-12月にがくをつけたまま、黄赤色に熟す。完熟した果実は、乾燥させて  染料として用いる。日本では古く、飛鳥時代から食物の着染めに使われた。
 消炎・鎮静・利胆・利尿作用がある和名のクチナシは、果実が熟しても  口を開かないので、「口なし」だという説や、その果実をナシに見立て、  くちばしのような形のがくをクチとよんで、クチのあるナシの意味だと  する説がある。
写真 写真 写真
上3枚 通勤途中 2003年6月8日
上3枚 神戸市立森林植物園 2012年7月8日
クチナシの実
大阪市大植物園 2009年11月3日撮影
クチナシ クチナシ
上2枚 大阪市大植物園 2008年11月22日撮影
大阪市大植物園  2004年6月9日撮影
樹形
写真
大阪市大植物園4月9日撮影
この木に関する俳句くちなし