203.ジョウモンスギ


解説
 一般的には屋久島の杉ぎで樹齢千年以上のもの通称名。
 スギ科。
昭和41年に発見され、縄文スギと命名。樹齢7200年ともいわれる。幹回り16.1m、根回り43m。
 屋久島では、標高500m以上(雲霧帯)にある天然スギの中で、樹齢千年以上のものを屋久スギ、それ以下  のものを小スギと呼ぶ。
山地では年間1万㎜もの雨が降るが、屋久スギは他地域のスギの5倍以上の樹脂分を  もち、材質もち密で腐りにくいという。
また、2000m近い山頂までに、亜熱帯植生は亜寒帯植生に変化する。
 直径8.5m、高さ4m。中はポッカリ18畳敷きの空洞だが、どっしりとした重量感がある。豊臣秀吉  の命で、京都・方向寺建立の際に切り出されたものだという。さらにつづく険しい道それでも三代杉、翁杉、大王杉、  夫婦杉と樹齢数千年級の巨木、奇木に出会いそして標高1200m。幹の表面は巨大な縄をはわせたようにごつごつと  盛り上 がっている。はるか上のほうの枝には霧が流れ、巨大な仙人のようにも思える。
 毎年1ミリほどの年輪を刻みながら、 地球上で最も長寿の記録を更新している。