214.ベイヒ


解説
米檜、ローソンヒノキ。 ポートオブシダーとも言われる。 ヒノキ科。 産地:北米。木理:精。 比重:0.51。径:1.7m。 心材は黄白色~淡黄褐色。 辺材は白色~淡黄白色だが、しばしば心辺材の区別がつかないことがある。 材質は国産のヒノキに似て肌目も細かい。 強度はやや劣るが、国産ヒノキが高くなってきたので代用されている。 耐朽・保存性が高い。酸に対する抵抗も大。 加工、乾燥ともに容易。 表面仕上げは良好で、光沢がでる。刺激的な匂いを放ち、酸味がある。