232.

ノーサンシルキーオーク
単独ページで見る(Target New) | フレームに戻る

解説
ヤマモガシ科。 オーストラリアに分布する。木理は粗。 比重は0.50-0.52。 直径60cm。年輪が明瞭な環孔材。 心材は桃色から濃い茶色に変化する。木理に 直角に近く、柾目方向に瑳が現われる。 硬さは中位で、加工は容易。腐りやすい ので、早く乾燥することが大切。 ヨーロッパでは苦から装飾材として使用。 加工する際、かぶれたり肌が黒くなるので注意が必要。雨量の多い、オースト ラリア・クィーンズ州北部の材でオークの名がつくが、オークの仲間ではない。