0287.マンソニヤ


解説
アオギリ科。西アフリカに分布する。木理は精。比重は0.65。直径80cm。
辺材は帯白色、心材は 黄褐色~帯灰色~灰褐色。時には紫色を帯びることもある。昔はウォールナットの代用として、 ピアノ、装飾用家具などによく使われていたが、最近はあまり使用されない。ウォールナット のように雰囲気が柔らかくなく、経年変化で色がぼけてくる。
加工性がよく、耐朽性が高いが、 加工の際、粉塵でアレルギーを引き起こすことがあるので注意が必要。別名ベテと呼ばれる。
木目
写真