295.ニャトウ


解説
アカテツ科。
東南アジア、オーストラリアに分布する。ナトーとも呼ばれる。 木理はやや精。 比重は0.40~0.88。直径40cm。 散孔材的な環孔材。心材は淡褐色~桃色~赤褐色~濃黄 褐色などで、材に色むらがある。 ときに縞模様があらわれる。比重、強度、耐朽性も個体差 がありばらつく。 軽軟なものから重硬なものまであるが、一般に粘りにかける。木理が両逆目 のわりには加工しやすい。 個体の材質が異なるので、それぞれ用途も違ってくる。 最上級のものはギター、バイオリンなどの楽器、陳列ケース、高級家具の面材など。 その他、敷居、装飾用モールなど室内用材として、また額などの練物にも使われる。
木目
写真
表皮
写真