0303.ホワイトシリス 


解説
カキノキ科。 パプアニューギニアに分布する。エイランタスとも呼ばれる。 木理はやや精。 比重は0.48。 直径80cm。心辺材の区別が不明瞭。 粘りがある。材の色調は明るいので、 多少装飾的にも使うが、基本的には見えない箇所の構造材として用いられる。