348.イースタンピーチ


解説
Fagus orientalis イースタンビーチはコーカサスでは標高1000~1500m、地方によっては2000mまで、  クリミア山脈地方では標高700~1300mに分布し、ブナ林地帯を形成している。
   水湿と土壌に対する要求度が高く、強度の疵陰低温に耐える。
樹齢20~40年で結実するが密林では60年  から結実する。
 樹高40mに達する喬木で、直径は大きなものでは1.6mに達する。
   材は淡赤褐色で組織は緻密で重く、用途としては家具製造、楽器製造、寄木細工などが  主なものであるが、機械の部品などにも用いられる。
 旧ソ連では材を乾溜して酢酸、  アセトン、メタノール等を作成したという。