715.ハリエンジュ


解説

マメ科アカシア属。アカシア属には数百種~千数百種が属する。常緑中~大高木。直径1m。高さ5-10mほどになる。海外では25mぐらになるものもある。原産地はオーストラリア。北米、ヨーロッパ、アジアに分布する。関東以西の低地では街路樹や公園などに多く植栽されている。日当たりと水はけのよい土地を好み、乾燥に強くやせ地でもよく生育する。正しくはアカキア属というがアカキアではなく一般にはアカシアという。
別名ミモザといい、フランスのミモザ祭に使われる。「ミモザ」は、日本ではフサアカシア、ギンヨウアカシア、モリシマアカシアなどアカシア属の総称として使われる場合が多いが、元来、ミモザは、フサアカシアのフランス名である。よって、欧州ではフサアカシアを指す場合が多い。
日本での花期は2?4月頃で、香りがよく香水の原料にされることもある。葉は羽状複葉で羽片は10?20対くらいである。同属のギンヨウアカシアと似ているが、本種の方は葉、花とも大きい。また、ギンヨウアカシアの羽片は3~5対くらいであることで区別することができる。

木材としては、木理はやや粗。 比重は0.77。環孔材。心材は暗黄色、辺材は 黄白色で狭く、心辺材の境界は明瞭。 緻密ではあるが肌目は粗い。年輪は不明瞭。 かなり重く、硬くて強く、粘りがある。切削・加工、乾燥は ともに困難。木理の関係で、 やや狂いやすい。割裂しやすく、講を打ち込む際に割れやすい。耐朽・ 保存性は高い。

 


写真
通勤途中 2000.5.11撮影
ハリエンジュの花
通勤途中 2013年5月12日撮影
ハリエンジュの花 ハリエンジュの花
通勤途中 2013年五月7日  撮影
ハリエンジュの絨毯
通勤途中 2013年5月17日  撮影
樹形
写真
通勤途中 2000.5年11月撮影
写真
通勤途中 2011年5月.14撮影
写真写真
上2枚 通勤途中 2003年5月.1日撮影
表皮
写真