0736.カナメモチ


解説
 学名:Photiniaglabremaxim.  分類:バラ科カナメモチ属  別名:アカメモチ、ソバノキ  分布:本州(東海以西)、四国、九州  樹形:l半球形   無雪地帯に分布する常緑小高木。樹高は3m。葉は皮質で濃緑色、なめらかで、  葉縁には細かな鋸歯がある。強く伸びのよい紫紅色の新芽の美しい枝葉が、  生け垣や庭木に人気。暮れから2月頃まで、新枝を葉時の色や鮮やかな枝を  格花としてよく活けるが、樹質が硬く、ためが効くが折れやすいので、注意が  必要。花、実時を投入や盛花に。古典に洋風にと多様に活けるのもよい。  小品やアレンジ花に紅色の葉と実を使うのもおもしろい。日陰地では萌芽した  葉は緑色で紅くならない。  水揚げ法 不要だが、切り口を割るとよい。
 
写真
カナメモチの葉 カナメモチの葉
大阪市大植物園 2013年8月11日


上2枚 大阪市立大学附属植物園  2012年12月3日?

韓国 済州島 2004年9月26日?
樹形

韓国 済州島 2004年9月26日?
カナメモチ
大阪市立大学付属植物園 2015年5月3日撮影
カナメモチ
大阪市立大学付属植物園 2015年5月3日撮影