784.ピンオーク

解説
ピンオーク ブナ科コナラ属。落葉高木。カナダ原産であり、アメリカの東部から中部に分布し、「レッドオーク」の仲間である。日本では公園などに栽植されている。別名はアメリカガシワ、アメリカナラという。ピンは牧場の杭のことで、「材が杭に使われる」ことに由来している。オークは「樫」ブナ科コナラ属の高木の総称を意味している。高さ25-35メートルにもなり、ピラミッド形の美しい樹形になる。葉は長さ10-15センチ、「レッドオーク」に特有の葉で、不規則に5~9深裂し、互生し、一度見ると忘れない形の葉である。葉の展開と同じ時期に、雌花と雄花を咲かせる。どんぐりは「くぬぎ(櫟)」に似ていて、2年後の秋に熟する。どんぐりの堅果は非常に小さくて,かわいい。2cmにも満たないようなサイズである。
ピンオークとウッドデッキ
ピンオークとウッドデッキ写真 ピンオークとウッドデッキ写真
上2枚 日本万国博覧会記念協会機構 万博公園 1999年10月28日?
樹形
写真 写真
上2枚 日本万国博覧会記念協会機構 万博公園 1999年5月28日?
写真
日本万国博覧会記念協会機構 万博公園 1998年1月3日?
写真
神戸市立森林林植物園 1998年7月5日?
落ち葉
写真
神戸市立森林植物園  2006年11月26日? 橙色はユリノキの落ち葉

表皮
写真
日本万国博覧会記念協会機構 万博公園 1998年1月3日?