0986.サンシュユ


解説
山茱萸 分類:ミズキ科ミズキ属 別名ハルコガネバナ、アキサンゴ 高さ6-10mにもなる。中国浙江省と朝鮮半島中北部 の原産であり、享保7年(1722年)に薬用として日本へ渡来したと小石川御薬園の記 録にある

幹の太さは直径30cm以上になることもあり、単幹、または双幹、 枝はや や斜め横に広がり、 樹皮は褐色で薄片になって剥がれる特長がある。葉は互生し長 さ4-10㎝ の長卵形、裏面葉脈の主脈と支脈の合点に黄褐色刺毛がある。 早春の時 期に、葉より先に黄金色で4枚の花弁をもった小さな花を、束にしたように多数つけ ることからハルコガネバナと呼ばれ、秋に長さ1.4cmほどの楕円体の果実がつき、赤 く美しいことから、アキサンゴとも呼ばれる。赤紫色に熟し、かむと、渋味、甘酸っぱい味がする。また、紅熟した果実をとり種子を除 いて乾した山茱萸には、リンゴ酸、酒石酸、没食子酸のほか、糖類が含まれ、さら に、イリドイド配糖体のモロニサイド、ロガニンなども含まれている。漢方では、杭 萸肉(コウユニク)と呼ばれ、八味地黄丸に配剤され、主として、頻尿で、口が乾 き、全身が疲れてだるく、腰痛があるような人を対象に、糖尿病、腎臓病、白内障な どに応用される。病害ではうどんこ病などが、虫害ではカイガラムシ類による被害が ある。
あまり花のない早春の時期に、葉より先に黄金色で4枚の花弁をもった小さな 花を、束にしたように多数つけることからハルコガネバナの別名がある。 花の可愛らしい樹木と表現できる。
宮崎県椎葉の民謡の『稗拘節(ひえつきぶし)』にうたわれる、“庭の山しゅの 木‥・”というのが、この木であるといわれている。
『稗拍節』は源平時代の 悲恋物語であり、源平の時代は1100年前後である。
渡来の宰保七年(1722

年) と年代が合わないことから、おそらく「庭の山しゅの木」というのは、ミカン 科の山椒(サンショウ)であろう。
写真
神戸森林植物園 
サンシュユの花
大阪市立大学付属植物園 2012年4月8日撮影 
サンシュユの実
宇治市植物公園 2013年6月9日
サンシュユの実
神戸森林植物園 2013年10月14日撮影
サンシュユの実
宇治市植物公園 2013年6月9日
樹皮
写真
神戸森林植物園 2000年4月30日撮影
樹形
写真写真

 

神戸森林植物園 2000年4月30日撮影