v2.6
21
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
槁木死灰
こうぼくしかい
身も心も生気がまったくなく、何の動きもしないたとえ。無欲で無心なさま 。
・「槁木」は枯れ木。からだが枯れ木のように静止して不動なことの形 容。「死灰」は燃え尽きて、火の気のない灰。心が火の気のない灰のよう に無心なことの形容。いずれも生気や活気のないさま。
●出典は、『荘子(そうじ』斉物論せいぶつろん
●用例としては、哲也は色一つ動かさず、冷然として槁木死灰の如ごとく なるのを見ると<二葉亭四迷
・某面影>
●同じ意味の言葉としては、枯木寒巌(こぼくかんがん)
・槁木死灰(こぼく しかい)
・枯木冷灰(こぼくれいかい)などがある。