v2.6
46
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
尋花問柳
じんかもんりゅう
花を探したり、柳を問い求めたりして春の景色を楽しむこと。転じて、花柳 を妓女(ぎじょ)にたとえて、花柳界に遊ぶことのたとえ。

・「尋花」は花を探りめでること。「花はなを尋たずねて柳やなぎを問とう」 と訓読する。「問柳尋花(もんりゅうじんか)」ともいう。
●出典は、杜甫の詩
●表現としては、尋花問柳の日々」など。