v2.6
54
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
栴檀双葉
せんだんのふたば
すぐれた才能を持つ人物は、幼少のころからすぐれているということ。
・「 栴檀は双葉より芳かんばし」の略。「栴檀」は白檀のこと。香木として用い る。「双葉」は草木が最初に出す小さい二枚の葉の意。栴檀の木は芽生 えたばかりのときにすでに香気があるということ。
●出典は、『観仏三昧海経(かんぶつざんまいかいきょう)』
●同じ意味の言葉としては、大器晩成(たいきばんせい)などがある。