v2.6
55
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
滄海桑田
そうかいそうでん
であった所が桑畑になる意から、世の中の変遷が激しく予測することが できないことをたとえていう。社会情勢、世の中が大きく変わるたとえ。移 り変わりが激しいたとえ。
      
・「滄海変じて桑田と為なる」の略。「滄海」は大きな海原うなば ら。「桑田」は桑畑。青い大海原だったものが桑畑にまでなってしまった という意。「桑田滄海(そうでんそうかい)」ともいう。
●出典は、『芸文類聚(げいもんるいじゅう)』八に引く『神仙伝(しんせんで ん)』
●表現としては、「滄海桑田を実感する」など。
●同じ意味の言葉としては、桑海之変(そうかいのへん)
・滄海揚塵(そう かいようじん)
・滄桑之変(そうそうのへん)
・桑田碧海(そうでんへきかい)
・ 東海桑田(とうかいそうでん)などがある。