v2.8
76
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
南柯之夢
なんかのゆめ
夢全体のこと。また、この世ははかなく、むなしいものであるということのたとえ。       
・「南柯」は南側にのびる枝のこと。<故事>中国唐の淳于?(じゅんうふんが、槐かい(えんじゅ)の木の下で眠って夢を見、槐安(かいあん国に行き、その国王の娘と結婚して南柯郡の太守となり、その後失脚するなどの栄枯盛衰をきわめたところで目が覚めたが、槐安国とは、槐の下にある蟻ありの国であったという故事から。
●出典は、『南柯太守伝(なんかたいしゅでん)』
●表現としては、「南柯の夢のごとく」など。
●用例としては、覚めて見ると南柯の夢静そっと目を開いて室を見廻して、夢だなと確信はしたが、<矢崎嵯峨の屋
・初恋>
●同じ意味の言葉としては、一炊之夢(いっすいのゆめ)
・槐安之夢(かい あんのゆめ)
・邯鄲之夢(かんたんのゆめ)
・南柯一夢(なんかいちむ)など がある。