v2.8
80
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
梅林止渇
ばいりんしかつ
梅の林を思い出させて、口につばを生じさせ、のどの渇きをいやす意。代 用のものでも、一時しのぎになるたとえとして用いられることもある。
・「止渇」はのどの渇きをいやすこと。「梅林渇かつを止とどむ」と訓読する。 <故事>中国魏ぎの曹操の一団が行軍中に道に迷い、兵士達がのどの渇きを訴え始めた。そこで曹操が、「前方に梅の林があり実がなっているから、それを食べて渇きをいやせ」と言ったところ、兵士達の口に唾液だえきが生じ、一時的に渇きをしのぐことができたという故事から。
●出典は、『世説新語(せせつしんご)』仮譎(かきつ)
●同じ意味の言葉としては、止渇之梅(しかつのうめ)・梅酸止渇(ばいさんしかつ)・望梅止渇(ぼうばいしかつ)などがある。