v2.6
93
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
柳巷花街
りゅうこうかがい
酒色を供とすることを職業とする遊郭
・色町のこと。  
・「柳巷」は柳の木を並べて植えてある街路のこと。「花街」は花の咲い ている街を指した。昔、色町には多く柳や花が植えられていたとも、艶な まめかしい遊女を柳や花にたとえたともいわれる。「花柳」は、この語の 略。「花街柳巷(かがいりゅうこう)」ともいう。
●出典は、黄庭堅(こうていけん)「満庭芳(まんていほう)」(詞)
●表現としては、「柳巷花街に入り浸る」など。
●同じ意味の言葉としては、花柳狭斜(かりゅうきょうしゃ
・柳陌花街(りゅ うはくかがい
・路花墻柳(ろかしょうりゅう
・)路柳墻花(ろりゅうしょうか)など がある。