10月前半のものを掲載

写真 2015年10月9日

昔から森林破壊の元凶は商業用木材伐採と言われてきました。このようにみんな伐採、刈り取りをするのはパーム油のプランテーション、牧場、焼き畑、学校建設などが原因です。長い間マスコミなどによって木材業界が悪者にされてきました。この写真のようなことは木材伐採ではありえません。大学卒業後インドネシアに2年いましたが、実際スマトラの森にいますと、1000坪あたり数本の木材が伐採されればGoodと言われていました。森にはさまざまな樹種が乱立しています。そのうち商業用に利用できる木は限られています。日本やその他の国で売れない木まで伐採することは営利会社ではしません。(運搬用の道路を作ったり、伐採した木を運び出す時に他の木を痛めるという議論もありますが、これもおかしいと思っています))

facebook該当ページへのリンク

写真 2015年10月8日

昨年の今日、UPしたものをシェアします。今日は木の日です。先週までヨーロッパを旅行してきて思うことは、日本は木の文化と言われますが、チェコ、オーストリアでは人が手や身体が触れるところは木を利用しています。統計を取れば面白い結果になります、ざっくりと、日本は5%で訪問国では70%くらいのものと感じました。それはコストが高くても、耐久性がアルミより悪くても、人間の感性を優先していると思いました。

facebook該当ページへのリンク

写真 2015年10月7日

欲しい、欲しい。 Marbleocityは純木製のビー玉コース作成キット

facebook該当ページへのリンク

写真 2015年10月6日

おはようございます。朝晩は涼しくなりましたね。今朝の通勤は80分ほど歩きましたが汗をかくことはありませんでした。 この気候が続くとありがたいのですが。 道端に咲いていた花の蕾みでしょうか、ピンク色がとても可愛いく、ため息がでました。

facebook該当ページへのリンク

写真 2015年10月 日

(写真*枚)
「*」

*

facebook該当ページへのリンク

写真 2015年10月5日


(写真10枚)プラハのトラム(路面電車)鉄道オタクではありませんが、トラムに乗ることも旅行の楽しみのひとつです。このアルバムはチェコのプラハのものです。プラハでは旧型から最新型まで3回乗りましたが、結構揺れます。

facebook該当ページへのリンク

写真 2015年10月3日

今回の旅行の目的の一つにウィーン・プラーター公園にある観覧車に乗ることがありました。そのため出発前に映画「第三の男」のビデオを購入し3回程見ました。 はたして実物は映画通りのものでした。 木造の箱が鉄の観覧車にぶら下がっています。多少の修理などはしていても第二次世界大戦後当時のものと基本的には同じようです。外装の木材はそのまま内装になっており、外側はペンキなどの塗装、内側は白木になっており、ボールペン、万年筆などの落書きが一種の模様になっていました。半世紀の間世界最大を誇った観覧車です、高所恐怖症の私は客室が最も高くなった時は足が震えました。 のちに自分の記録用として十数枚の写真アルバムを作る予定です。

facebook該当ページへのリンク

写真 2015年10月2日

昨日UPしたフンデルトヴァッサーハウスの向かいにはフンデルトヴァッサーがデザインした小さな集合商業施設(ギフトショップ) 「Hundertwasser Villageフンデルトヴァッサーヴィレッジ (Kalke Village カルケ・ヴィレッジ)」がありますが、ここも興味深い場所でした。 入り口は小さいですが、中に入るとショップも多くあり、1-2時間でも見飽きないところ。 地下の有料トイレが面白く、思わずニヤリ、数枚の写真を撮りました。 手洗いのところですが、不揃いの鏡はすべて割れています。これも考えられたデザインかなと思いましたが、初期の写真を見ると割れていないので、見学者がこのトイレに合うようにしたのでしょう。

facebook該当ページへのリンク