2017年 1月初旬に掲載。

写真 2016年9月8日

雷とともにバケツをひっくり返したような雨が降り始めま した。もし長くつづいたら、木場は排水できなくなり、加 工機械類も水につかってしまいます。
かって事務所が1階にあった頃、大雨で事務所40センチ ほど水没した事がありました。

facebook該当ページへのリンク

写真 2016年9月7日

数日前より、風は生暖かくなりましたが、道端には彼岸花 が咲きだしました。

facebook該当ページへのリンク

写真 2016年9月6日

i-Phone6がらOSのバージョンUPメッセージが 出ました。キャンセルを選んでいきましたが、なぜか最終 的に「バージョンUPは成功」のメッセージ。
悪い予感がしました。
その後何時間かして電話しょうとするとパスコードの入力 画面が出ます。FaceBook、Line見ようとして もパスコード画面しか出てきません。ドコモに問い合わせ たら、私が設定した6ケタの数字を入れないとダメといい ます。そんな設定はしたことないし、数時間前まではパス コードなしで利用していたと言っても聞く耳もたずです。 そして、もしパスコードがわからなければ初期化しなけれ ばならず、写真画像、電話帳その他すべて消えるとのこと 。また解決策はありません、とのこと。私は「今までの経 験から解決策がないと言われても、何かあるハズです」と 言い切りました。
そこでアップルに聞きました。バツクアップは取っている かとの問いに「取って... もっと見る

facebook該当ページへのリンク

写真 2016年9月5日

今週もよろしくお願いします。
モノ・マガジン今月号に掲載されました。先日取材の連絡 があり、資料を送ったのですが、何社かのウッドデッキの 中のひとつと思っていましたら、当社のみで、キットデッ キ3種類を取り上げてくれていました。ありがたいことで す。最初に間伐材を利用してウッドデッキを制作したのが 1979年、そして1994年にDIYショーで商品発表 以来、木材流通からウッドデッキのメーカーに転身して2 2年、ブランディングが少し定着してきたよで、うれしい です。

facebook該当ページへのリンク

写真 2016年9月3日

アルバム

昨日からの続きです。目的地についたものの、干潮時で陸に近づけず、下着になって歩きだした東大京大コンビの先輩たちです。

facebook該当ページへのリンク

写真 2016年9月2日

記録として写真を整理しています。そんな中からUP。
1971年5月、初めてのスマトラ出張時の写真です。場所はクアラカンバスといいますが、付近に町や村はありません。木材関係者と漁師たちのみが住んでいるところです。東大・京大卒コンビと私の3人でジャカルタから行きました。私は勉強の身、今て言うOJTですね。南スマトラの州都トルクブトンに到着しジープで4時間、ボートを乗り継いで2時間ほどでここまで来ました。
このボートは昨日のスピードボートと異なり、辛くはありませんが、とにかく遅い、時速5キロぐらいでした。木材貨物船(以下本船)とロッグポンドとの往復用です。本船が2つ見えますね、ほとんど3000トンクラスでしたが、途中から最新鋭の5000トン木材専用船が回ってきました。沖合4-5キロのところで丸太を積み込みます。
さて、このあとどのような事が起きるのか、後にアルバムに掲載します。

facebook該当ページへのリンク

写真 2016年9月1日

会社への道を歩いているといつも後ろから「おはようございます」とさわやかな声で4台の自転車が通りすぎます。
誰にでも声をかけているようではないようです。夏でも長袖の作業着と白いマスクは生活の知恵でしょうか。
富田林市から堺市にかけての2km間が彼女たちとの接点です。しかし今日は自転車が通りすぎませんでした。
もう2年以上になりますが、一度信号待ちの時に話をしましたが、9月に帰国するというのを聞きました。
そしたら昨日で仕事は終わりもう帰国したのかも。アパートの管理人さんやご近所の人は親切にしてくれたのだろうか、などと考え久しぶりの惜別の情を持ちながら残りの道を歩きました。写真は3日前のものです。

facebook該当ページへのリンク

写真2016年9月1日

4年前の今日の投稿をFBが勧めてくれました。この時期は写真に興味を持ち出した時で、帰宅途中の夜の公園をテーマにしていました。この4年間にますます忙しくなってきて、写真をじっくりと撮る時間、テーマと向き合う時間がなくなってきました。働けることはありがたいので、趣味の時間が取れないという文句は贅沢ですね。

facebook該当ページへのリンク

写真 2016年9月1日

すごい技術です。他素材のモノを木で表現する木彫刻家は何人かいますけど。この人の作品はその中でも一番ですね。

facebook該当ページへのリンク