v2.3

木材流通とは -国産材時代への戦略-

a.目次 | b.第1章 | c.第2章 | d.第3章 | e.第4章 | 第5章 | g.第6章 | h.第7章 | i.第8章 | j.第9章 | k.第10章 |

第5章 木材需要の変化をどう見るか

林材業界が一体となって木材需要拡大協議会を発足させ、需要開発に本格的に取り組み始めたことは、まことに喜ばしいことです。需要開発の必要性は、いくら強調してもし過ぎることはありません。しかし、木材の流通は川の流れと同じことですから、雨が降って水溜りになっているところへ魚が泳いでいるのではないかと思って釣糸を吊れてみても、魚を釣り上げることはできないわけです。木材需要の内容に刻々変化が生じていることを的確に知り、需要開発を空振りに終わらせないようにしなければなりません。