v2.8

平井信二先生の樹木、木材研究

ユリノキ属の樹木(その1)
1.ユリノキ属
 ユリノキLiriodendron(異名Tulipifera)はモクレンMagnoliaceaeに属する。現在は北米東部と支那とに各1種があるのみであるが、中生代の上部白亜紀から新生代の第三紀にかけて、わが国も含めて北半球に広く分布し、各地から化石が発見され ており、過去に繁栄した旧い型の被子植物である。属の英名はtulip tree、中国名は鵝掌楸が用いられる。
 落葉高木で、小枝の髄には隔壁がある。芽は密着した2個の托葉で包まれ、新梢の葉の基部にも2個の小さい托葉をつける。後に脱落するが、枝を取り巻く托葉痕を残す。葉は互生する単葉で大きく、きわめて特異な形を呈する。すなわち先端は広い切形 または浅く凹入し、両側に各1~2個の裂片があり、細かい鋸歯はない。基部は円形、切形、浅い心形を呈し、長い葉柄をもつ。
 花は頂生して単出し、鐘形の両性花である。がく片は3個で開出し、花弁は6個で直立する。雄ずい多数で、花糸は細く、葯は線形で外向し縦裂する。雌ずい(心皮)は多数が柱状の花床に互重ね状になって密につき、後に球果称の集合果に発達する。各 子房には胚珠2個を含む。果実は頂端が伸びてできた翼をもつ小さい堅果の集合したもので、各堅果は熟すると花床から脱落し、裂開しない。この集合果の最下部につくものは育たない。各堅果は種子1~2個をもち、種子には胚乳と微小な胚とがある。
 材の組織、性質と材その他の利用については各樹種の項で記す。
 なおユリノキ属とユリノキについて、毛藤勤治氏の著書『ユリノキという木』(1989)がある。ユリノキおよびシナユリノキの形態、森林、化石、日本への渡来、植栽その他について広く記載されている。  
2.ユリノキの概要
 ユリノキLiriodendron tulipifera LINNAEUS(異名Liriodendron procera SALISBURY、Tulipifera liriodendron MILLER)はアメリカ東部、カナダ五大湖付近に生ずる。ユリノキと別名のチューリップノキ、ウッコンコウジュ鬱金香樹、鬱金香チューリップの漢字名、レンゲボクは花の形からきており、よく使われる別名のハンテンボク(半纏木)およびグンバイ ボク(軍配木)、ヤッコダコノキは葉の形からきている。英名で一般にtulip tree、木材ではyellow popularということが多く、またtulip poplar、America whitewood、whitewood、white poplar(以上3名はとくに辺材をいうことが多い)、hickory poplar、blue poplar、poplar、tulip wood、canary wood、canoe wood、独名でTulpenbaum、Kanarienholz、仏名でtulipier、bois jaune、中国名で北美鵝掌楸、美国鵝掌楸などという。
 ふつう高さ45m、直径1mまでになる落葉大高木であるが、最大のものは高さ60m、直径3.5mが知られている。樹幹は一般に円柱状、通直で、枝下は長いもので30mに達する。樹皮は灰褐色から暗灰褐色で、初めはやや平滑であるが、年とともに厚くなってや や深い縦の割れ目が出るようになる。小枝は褐色または紫褐色を呈する。
 葉は和名の別名にいうような特異な形を呈し、長さ6.5~23.5cm、幅8.5~25.5cm、頂端は幅の広い切形から浅い凹形となり、両側の半分以下で2個または1個の浅い切れこみの裂片となり、その先端は鋭頭ないし短い鋭尖頭である。基部は広い円形から切 形、浅い心形を示す。洋紙質で、上面は無毛、下面は灰白色を帯び主脈に沿って僅かに有毛または無毛である。葉柄は長さ5~11.5cmで長い。
 花は鐘形で大きく、がく片は3個、卵状皮針形で開出し緑白色、脱落性である。花弁は6個、長楕円状倒卵形で長さ40~60mm、直立し淡緑色で、内面の基部近くに蜜標の幅が広い橙色の条斑がある。雄ずいは20~50個あって、花弁より僅かに短く、花糸は 白色で長さ10~15mm、葯の長さ15~25mである。雌ずいは60~100個が柱状になった花床にらせん状に密につき、この集合体は花期には花冠の上に超出しない。
 果実は小さい翼果(堅果)の集合果で、長さ4.5~8.5cmである。各堅果の長さは3~3.5cm、幅0.5~1cm、種子1~2個を含み、その先端は急尖する。熟するとばらばらになって脱落するが、集合果の基部にあるものは冬まで宿存する。花期は5~6月、果期 は10月頃である。
 ユリノキは姿の良い大木となり、秋には美しく黄葉するので、庭園樹、公園樹、街路樹として広く各地で植栽されている。わが国へは明治初年に渡来した。東京の街路樹ではイチョウ、プラタナスに次いで多く使われるものの中に入る。
 花ことばに「田園の幸福」があり、アメリカのテネシー、インディアナ州の州の木となっている。文芸の上でもしばしば使われている。
 ゆりのきの並木いち早く黄葉して美しき影を濠に浮べぬ 小野昌繁
3.ユリノキの栽培品種
 ユリノキの栽培品種に次のものがある。
 フクリンユリノキLiriodendron tulipifera LINNAEUS cv.Aureomarginatum:葉の辺縁が黄色。
 Liriodendron tulipifera LINNAEUS cv.Mediopictum:葉の中央付近が黄色とクリーム黄色の斑となり、縁は通常の緑色で幅が広い。
 Liriodendron tulipifera LINNAEUS cv.Obtusilobum:葉の両側は基部で1個の円味のある裂片となる。
 Liriodendron tulipifera LINNAEUS cv.Crispum:葉の長さより幅が大きく、先端の凹入が深く、基部は楔形、縁が波状となる。
 Liriodendron tulipifera LINNAEUS cv.Contortum:葉縁が波状となり、裂片が捩れる。前のものと同一とする考えもある。
 Liriodendron tulipifera LINNAEUS cv.Compactum:小さく密な分枝でコンパクトな生長をし、樹冠はほとんど球形となる。
 Liriodendron tulipifera LINNAEUS cv.Fastigiatum(異名Liriodendron tulipifera LINNAEUS var.pyramidale DIPPEL):枝は上向し、樹冠は狭い円錐形となる。  
平井先生の樹木木材紹介TOPに戻る