v2.3

神谷のインドネシア点描

やられました

インドネシア生活で良いことばかり起こるのではありません。
スラバヤでは交通事故に合いました。
ジャカルタではホテル火災に巻き込まれました。

仕事を終え夕方ホテルの部屋に帰って来ましたら何となく旅行カバンの口が甘いのです。
まさか! パスポートはありました。
現金がありません。
久しぶりにやられました。

このホテルは開業以来の客としてもう10年ぐらい定宿としております。
従業員も家族同然、自宅のごとき安心感を抱いておりました。
それでもやられるのですね。

お金がなくなって困るほど素人ではありません。
命とパスポートさへ無事であれば何とかなります。
電話一本で直ぐお金が届けられました。
(勿論借金ではありますが。
) ホテルのマネージャーをこっそり部屋に呼び、事の次第を報告しましたが、寂しかったです。
家族同様に思っていたのに・・・。

やはり私は旅行者なのです。
思い知らされました。
貴重品はセフティーボックスへ入れましょう。
無くなったお金より私の想いが泣いております。

 ジャカルタにて
インドネシア点描Topにもどる