v2.3

「健康住宅」とは何か 室内空気汚染を考える

家に気がついた| 見えないインテリア計画 | 新築病の犯人探し | 難問の数々 | 空気清浄住宅 | 過保護の弊害 |

新築病の犯人探し

こうしたシックハウスへの批判の高まりに対応するため、建設省ほか 三省庁が合同して、平成八年七月に学識経験者、業界団体、関係省庁 で構成する「健康住宅研究会」が発足した。この研究会で平成九年度 末までに健康住宅のガイドラインを作成しようと言うことになった。
その中間報告が去る六月に発表された。これは化学物質が人の健康に及ぼす悪い影響を低減させようと言うもので、プロ向けの住宅設計・ 思考ガイドライン(案)と、ユーザー向けのマニュアル(案)の二つ からなっている。さらに詳しい報告は平成九年度末に出される予定に なっていることは先にも述べた。ところで研究会が、優先的に基準を 決めようとして取り上げた化学物質は、下記のようなものである。

ホルムアルデヒト、トルエン、キシレン、木材保存剤、可塑剤、防蟻剤。 この中で一番問題になっているのは、発ガン性のあるとされている ホルムアルデヒトである。その濃度について、去る六月に厚生省は国 の基準として「三十分間平均値で、〇.一ミリグラム/立方メートル」 とすることを発表しました。これはPPMに換算すると〇.〇八に 相当する値で、世界で最も厳しいとされる世界保健機構(WHO)の 基準と同レベルである。

その適用にしかたについては、いずれ健康住 宅研究会のガイドラインで示されることになるはずである。さて私は 昨年から、健康住宅研究会の実験のお手伝いをすることになった。 残念ながら私のこの方向についての知識はきわめて乏しい。そこで あわてて参考書をあさり、専門家に教えを乞うて勉強した。だが一夜 漬けの知識では、理解しにくいところが幾つもあって頭が痛い。
インテリアの分野には、多分私と同じレベルの人が少なくないと思わ れるので、私が今疑問に思っている事項を書けば、なにほどか参考に なるであろう。そこで以下にそれを書くことにする。