v2.8

「健康住宅」とは何か 室内空気汚染を考える

家に気がついた| 見えないインテリア計画 | 新築病の犯人探し | 難問の数々 | 空気清浄 | 過保護の弊害 |

過保護の弊害

身体障害者の環境はあまり便利に作りすぎるのはだめで、本人 が努力しなければならないようにしないと、リハビリの目的には 合わないという。医療機器の進歩による検査漬け、薬漬けが疑問 視されてきたように、住宅もまた設備漬け、電化漬けへの傾向を チェックしなくても良いのか、という意見もある。

室内気温に ついていえば、最近は設備機器の発達によって、どんな状態に でも望みのままにコントロールできるようになった。だが、それが 果たして真の幸福につながるかどうかに疑問を持つ人もある。<>

快適な温度・湿度で空気が清浄であることは確かに必要だが、 健康はただそれだけでは保証されないのである。さらに実験の 方法についても疑問がないわけではない。普通は短い時間の中で 測った快適さの温度・湿度の条件を、正しいものとみなして、 室内気温をコントロールしているようだが、果たしてそれで良い のだろうか。

生物を相手にした実験は、もっと長い時間にわたる 多面的な検討を加えないと、将来に悔いを残すことになるのでは ないか。

最近はエレクトロニクスの発達によって、すぐに目の前 で数値を読み取ることができるようになった。私たちはそれを正 しい答えと信ずるが、それで良いのだろうか。人間の知恵の方は 短期間のうちに技術革新に対応できるけれども、肉体のほうは 何十年もかかって、自然の環境条件に合うように、少しずつ少し ずつ変化して作られたものだから、一年や二年で体が新しい環境 条件に合うように変わると考えることは危険ではないか。今適応 しているのは、そう見えているだけで、実は内部に目に見えない 無理が蓄積しているかもしれない。公害を例にしていうなら、 ある日気がついたら、全国到るところが公害だらけになっていたと いう苦い体験がある。

それと同じように、ある日ある時どっと弊害 が現れることがないだろうか、という疑問もある。空気汚染が 問題になったのを機会に、もう少し広い立場から、本当の健康 住宅とは何かということを、じっくり考えてみる必要があるよう に思う。さらにもう一歩踏み込むと、基準の作り方にもむずか しい問題がある。従来はある一つの数値を基準に決めてそれ以上 のレベルは合格、以下のレベルは不合格とする方法が採られていた。

もし空気汚染の値を弱い人のレベルに合わせれば、多くの人には 過剰品質の効果な家を買わせてしまうことになろう。それは 資源的に見ても無駄が多く、地球環境を破壊することにつながり かねない。

一方強い人にあわせれば、弱い人が犠牲になってしまう。 こうした困難な問題をどのように解決したらよいのであろうか。 これは一つの思いつきに過ぎないが、私は次のような考え方もあ るように思う。

もし家の性能のかなりの部分が、数量的に表示でき るようになれば、ユーザーはそれを見て、自分の責任で、その中 から、家族の実情に適したものを選べばよい。弁当には松、竹、 梅のレベル分けがあるが、あのやり方も参考になるのではないだ ろうか。今や住宅産業界は難問山積といってよい状態にある。 いずれ明春にはガイドラインが示されることになろうが、それは 弾力性を持ったものであることを望みたいと思う。次のような理由 があるからである。先日私はガラスレンズのメガネを買おうと 思って眼鏡屋へいった。

ところがレンズはすべてプラスチックに なったと言う。PL法が施行されたので、メーカーはレンズが割 れた時のトラブルを避けて、ガラスのレンズの製造を中止したた めだとの事であった。法律とか規制とかは、しばしばそういう 結果をもたらすものだと知った。そこで思い出したのは、以前に 洗面化粧台のJISを作ったときの話しである。ある委員は試験 項目の中に「鉄の玉を落として割れないこと」を入れるべきだと 主張した。だがそれを採用すると陶器製の洗面器は使えなくなって しまう。

一方別の委員は、「私は弱くても陶器の洗面器を使いたい。 ガラスのコップは割れるが酒がうまい。いかに丈夫でもプラス チックのコップでは酒は飲めない」と反論した。それによって 陶器製の洗面器が残ることになった。生活の中の道具と言うものは、 われさえしなければ良いとか、試験結果の数値が高ければ良い、 と言うものばかりではない。人間くさい不合理さや、弱さの好ま れるものもある。ましてや家については、そうした考慮が一層必 要なように思う。時には隙間風さえも懐かしくなることもある。 それを選べるゆとりも必要ではないかと、私は考える。以上は私 が健康住宅の実験の手伝いをしている間に、肌で感じた疑問の いくつかである。ご参考になれば幸いである。