木のこころTOPに戻る

木の家づくり・各地の動き

風が通る自然派住宅の家 兵庫/シーダ・バーン

新しい暮らしを古い伝統の中で「和」の文化、理念の継承を

市居氏がこの自宅兼アトリエのシ ーダ・バーンを設計する際に最も重 視したのが、この東洋思想、日本古 来の理念を採り入れた自然の家であ った。
 「和風というスタイルを継承する のが和風の家ではない。
簡潔で直截 的で機能的、しかも経済的。
その理 念を自然な形で採り入れたものが日 本家屋であり、イコール健康住宅で もある」。
その言葉の通り、シーダ ・バーンには畳の部屋いわゆる和室 は無い。
 古来の民家は全て板間であったこ とも理由のひとつではあるが、当時 の人々が、身近な素材である木で自 分の生活スタイルに合った家屋を追 求した結果が民家なのであり、そう 云った意味を考えれば、現代の生活 様式に和の理念を採り入れた家が日 本家屋となるはずだ、との想いから だ。
形式の継承ではなく、理念の継承。
そこが最大の特徴でもある。
その中で拘ったのが素材感を大切いすること。
 主要材には地場の国産杉材を活用し、薫製乾燥によって性能を安定化。
茶室にヒントを得て、柱材、貫材、床材は柿渋で塗装。
極めて素朴な容 貌を演出する。
構造材、内装材、下地材を差別化せず、全て素材のまま の心地よさを求め、構造材が内装材であり、下地材でもある潔さが満ち ている。
床材には50mmの杉ムク板を採用しているが、それはそのまま下 階の天井材であり、極めてシンプルな構造となっている。
壁には鉋屑な どをセメントで固めたモクセン板を採用し、土壁の調湿作用、保温作用 などの実現と、ランダムな木質繊維模様で寛ぎを醸し出す。
新しくてどこか懐かしい居場所

 ここまで素朴で自然素材を活かす 家にしたのには様々な想いからであ る。
このシーダ・バーンの南隣には 市居氏の実家が在る。
阪神大震災に も耐えたその実家がやはり伝統的な 貫構造であったこともあるが、建築 家としての活動の場を拡げるため、 20年以上も京都市内のマンションに 家族で暮らしてきてそこから感じた 様々な想いから創られたのがシーダ ・バーンである。
 気密性の高いコンクリートの枠の 中に住み、四季の無い生活の中で、 幼い頃に過ごした実家での暮らして いた頃への回帰の念が強まり、自然 を感じられる家、住んでいて心が豊 かになる家に様々な試みを込めて着 手した。
 各階に設けられた窓は、2本の太 い貫によって天窓、中窓、地窓に分 けられ、広い開口部と耐震性を両立。
窓にはカーテンも網戸も無い。
 一階の窓は紙障子と雨戸のみでガ ラスはなく、外気とは障子だけで区 切られている。
二階以上は磨硝子を 採用し、やはりカーテンなどはない。
大きく開け放たれた窓からは常に風 が通り抜け、虫なども自由に入り込 んでくる。
だから蚊取線香は欠かせ ない。
B>ちょと不便だが、愉しい家
「虫が入ってくる」と当初は驚い ていた子供たちも今ではすっかり慣 れ親しみ、虫の声や風の音を感じて 和むことを覚えた。
その中からは虫 さえも排除する暮らしで健康に暮ら せるのかとの素朴な疑問も湧いてく る。
季の自然を肌で感じ、虫の声 を聴いて豊かな情緒を育てられる家 こそが健康住宅ではないだろうか。
豊かな気持ちとは、そうした和みあ から生まれるものであり、その字の ごとく「和」の理念でもある。
 部屋を突き通る通し柱には、割れ が入ったものもあるが、背割りをし て割れを防ぐよりも、最も弱い部分 が繊維方向に割れるほうが自然だと、 かえって気持ちいいと語る。
 「様々な生活様式の変遷を経て、 不便さや利便性を考えて、網戸、ア ルミサッシ、エアコン、高気密・高 断熱などが登場し、普及してきた。
その流れを否定はしないし、それを求める人にはそれもひとつの選択だ とは思う。
しかし自然と断絶してま での快適より、夏には少しの暑さ、 冬には少しの寒さを感じる家のほう が健康的だし、それを心地よいと思 える人も増えてきている」。
今後は、自分と同じように、多少 不便でも心地よく、自然で健康的な 家を求める生活者の方々に、同じ理 念の家を提供してゆきたいと語る。
共感できる工務店、加工場や素材メ ーカーも募集中。
それらのネットワ ークを通じて、坪60万円台での提供 を目標としている。
 取材の日も、目前に迫った冬季に 向けて、一階土間の大きな火鉢の手 入れを行っていた。
気密性の高い家 では火鉢は無理ですからと笑う。
木 組みの家シーダ・バーンで過ごす初 めての冬。
あたたかい冬になりそう だ。
葉画家で有名である群馬直美さんの公式ホームページです。葉画家とは文字通り葉っぱを描くアーティストのことです。ホームページのタイトルは群馬直美さんのアート&エッセイ集である「木の葉の美術館」からとっています。群馬さんの参加するイベント情報や近況などが更新されています。ホームページには神様の贈り物、木の葉の名刺、葉のメッセージ、葉っぱの精神、もっと戯れようなど本の一部を掲載していますが、実際に本を手に取っていただきたいです。緻密な描写や繊細な色遣いをディスプレイ越しにうまく伝わることは難しいと思いますので。他にも、メディアに取り上げられたときのインタビューの様子や新聞記事など見ることができます。 ホームページは木の葉の美術館 です。
.

木のこころTOPに戻る

v2.3

木のこころTOPに戻る


創刊に当って

建築に携わる方々から日毎に高まる「木の情報が欲しい」との声があります。
木が健康に良いということは多くの人々の共通認識になっており、木の家に 住みたいという願いも大きな高まりを見せているのもその背景となっています。
自然に身を置きたい、自然を大切にしたい、自然のものと触れ合いたいという 自然志向がひとつの底流となっています。
もうひとつは、健康破壊がすすむ 現代社会にあって、健康を守りたい、健康な暮らしがしたい、健康を育てる 住まいと材料がほしいという健康志向があります。
しかしながら、生活者には木材と木の住まいは高いという先入観がある上、 直接、材料を選択する知識も情報も充分ではありません。
その上、住まいの造り手である建築・設計・インテリア関係者や工務店・ 地域ビルダーのみなさんさえもが、木材の情報が充分に得られないもどかしさ と不満でいっぱいです。
「木のこころ」は、自然志向と健康志向の要求に応え、生きた、木と住まいの 情報を、木材の世界をベースに発信したいとの想いを形にするものとして創刊 しました。
もともと日本林業経済新聞社は八十有余年、木材専門紙「林経新聞」を発刊し ていますが、木材の情報を木材の世界へ発信するだけでなく、実際に木材を 欲している人、使いたい人に発信すべき時と考えて「木のこころ」の発刊を 決意しました。
供給者と需要者のパイプ役を果たし、幅広い木材の利用と木の家づくりをすす めるための情報誌ですから、これまでのハウジング誌や住宅専門誌とは違い、 新築住宅の紹介や建築の専門的解説書ではありませんし、大手ハウスメーカーの 宣伝誌でもありません。
伝えたいのは、木と木の情報であり、日本の気候風土に最も適した木の住まい づくりを広い視野で、住まいの造り手、住まい手のみなさんとともに考えたいと 思っています。

創刊号の表紙
タイトルを「木のこころ」としたのも、自然の生き物である木の心を生かした、 材料や建物の具体的情報と木に携わる企業と人々の心を伝えたいとの想いを込め て、単純でわかりやすく、親しみやすくとの考えからです。
あくまでも木と木の住まいにこだわり続けます。
温暖多雨で四季が彩どる日本の 風土に似合い、日本の文化を育ててきたのは木の住まいです。
自然と共生し、 地域の材料を生かす、地場産業としての住まいづくりを大切にし、住まい方と 健康、日本の文化についてもともに考えて行きます。 「木のこころ」が主眼とするのは、木を中心にしながら、二十世紀が置き去りに してきた二十一世紀へのテーマ「自然との調和と共生」「日本の和の心」「心と 身体の健康」「人間らしい暮らし」の追及で、関連する生きた情報、生の声を 取り上げて行きます。
それは、これまでの常識や価値観を乗り越えずにはおけ ないテーマとも考えています。
「木のこころ」では、求められるテーマ~木の特性、森林資源、健康と住宅、 国産材問題、自然環境と木材、和風住宅、木の住まいづくり、塗装と木材、内装 材と外構木材、接着剤と健康、洋風化と高気密・高断熱化へのミスリードや分野 別木材と製品等々~を掲げながら、木と住まいをベースに、人間に関わるものを 幅広く取り上げていきます。
そして、この発刊を続けることが、温故知新で日本の文化、木の文化の復興が すすみ、温故創新で21世紀の時代づくりに少しでも役立てばと多少生意気に 考えています。
さらにこの発刊を通して、住まいに関わる人々の交流が広がり、 新しい芽が育って、ネットワークづくりができればなぁとも考えていますので、 みなさんからの意見、提案も寄せていただき、感想や寄稿もいただければ、 嬉しい限りです。
 酒井哲夫

「木のこころ」のタイトル


タイトルを「木のこころ」としたのは、自然の生き物であ る木の心を生かした材料の情報と木に携わる人々の心を伝 えたいとの熱い想いを込めて、単純でわかりやすく、親し みやすいタイトルをとの考えからです。
この雑誌の最大の特色は、これまでのどの雑誌にもない形 で、木材と木質材の作り手、供給者である木材界サイドか ら、生きた情報を発信するところにあります。
「木のこころ」は、これまでのハウジング誌や住宅専門誌 とは違います。
新築住宅紹介の写真中心でも、建築の専門的解説書でもあ りません。
大手ハウスメーカー依存でもありません。
ですから、これまでの住まいづくりの基本思想になってい る高気密・高断熱・高機能を謳う洋風住宅讃美ではありま せん。
あくまでも木と木の心、木の住まいにこだわり続けます。
日本の気候風土に似合い、日本の文化を育ててきたのは木 の住まいです。
自然と共生し、地域の材料を生かす、地場 産業としての住まいづくりを大切にし、住まい方について もともに考え手行きます。
「木のこころ」が主眼とするのは、木を中心に「自然との 調和と共生」「日本の和の心」「心と身体の健康」「人間 らしい暮らし」の追究で、関連する生きた情報、生の声を 取り上げて行きます。
木が健康に良いということは、多くの人々の共通の認識に なっていますし、木の家に住みたい、木を使いたいという 声も大きなものがあります。
ところが、その情報がない、 入手できない、わからない、との木材界への不満や批判も いっぱいです。
「木のこころ」は、この要求に応えて、木材界サイドから、 建築関係者にダイレクトに情報を提供し、そのパイプ役を 果たします。
「木のこころ」では、毎号、建築関係者が求めるテーマを 中心に、2~3本の企画特集を中心に木と住まいをベース に、自然、環境、健康、生き方、住まい方まで含めた人間 に関わるものを幅広く取り上げて行きます。
そしてこの発 刊を続けることを通して新しい芽が育ったり、ネットワー クづくりができればなぁ、とも考えています。

あなたとの出会いを嬉しく思います。

「木のこころ」は、毎奇数月末発行の隔月刊誌で、平成10年9月29日に創刊しました。 木材の世界に根をおろし、木と木の住まいについての総合的な情報誌ですが、少し毛色が違っています。
木材と木の住まいをPRして、木の家づくりを広げたいと思ってはいますが、視点は根源と未来です。 木というものを考えると、木の良さがまず見えてくるのですが、それは立っている木と森の持っている 素晴らしさの延長線でとらえなければ、正しく理解できないことがわかります。
そこから「木のこころ」は、 木(樹)がどんな役割を持っているのか、何故無数の宇宙空間に存在する星の中で、地球にだけ木が あり、人間たちが存在しているのかという不思議を考え、46億年の地球の歴史と宇宙のしくみまで考え てみることにしました。
そうすることで、木材の持つ数多くの特性がよりはっきりと見えてくることになります。
いっぱいある材料の 中のひとつというものではなく、人間、とりわけ日本人の暮らしにはなくてはならない、かけがえのないもの であることがわかります。
木の住まいをとりあげると、何時から日本は木の住まいだったのか、何故、日本は木の住まいだったのか を探らなければならなくなりました。
そこから、日本の歴史を遡っていくと、学校教育で学んでいない縄文 時代とそれ以前のものすごく高度な文化が見えてきて、日本と日本人の偉大さについて考えさせられて しまいます。
木の住まいの歴史を探ると、そこには、日本という国の自然と地形、気候・風土、風俗・風習 との関係を見ざるを得なくなります。
ところがここでもうひとつ考えざるを得ないことが出てきます。
何故、戦後の日本からだんだん木の家が減り、 山村林業が疲弊したのかという問題です。
それを探ると西洋文明下で日本民族の文化と違う異民族の文 化に毒され、支配されてきた姿が見えてきます。
否応なしに民族性を考え、政治を考えざるを得なくなります。
「木のこころ」は、こんな視点から木と木の住まい、木の家づくりを中心に据えながら自然と木と人間、日本 の文化と民族性、戦後の西洋文明と西洋合理主義、そして「近代」と20世紀という妖怪の姿と21世紀の 基調を考え、近代科学の枠を超えた科学や事象にも学んできました。
「木のこころ」は「森と自然のこころ・宇宙のこころ」とひとつです。
そして、人間もまた自然の産んだ自然の 子で、自然のこころ、木のこころとひとつに結びついた存在です。
「木のこころ」は、そんな想いで、多くの建築に携わる人々と日本人に木と木の住まいのこころを届け、木 の家づくりを大きく広げることを願って発行を続けている雑誌です。
雑誌づくりに精一杯で、ホームページをカッコ良くするところまで頭が回っていませんので、笑われるかもしれませ んが、読んで見て下さい。
創刊号以来、特集を中心にした「木のこころ」のよびかけ、木と木の家づくりに関わる貴重な経験等を紹介 しています。
そして、このホームページを通して「木のこころ」と手をつなげてもらえれば嬉しいなあと思っています。
 酒井哲夫

ウッドデッキ専門メーカーである中川木材産業によるウッドデッキの総合サイトです。自分で作れるDIYの組立キットデッキからエクステリア小物、メンテナンセットなどの販売、ウッドデッキやウォールフェンスの注文施工・工事、業者用の部材供給まであります。直販サイトなのでお客様の様々な要望に答える別注にも対応しています。このほかにも、ウッドデッキのメンテナンスの仕方を紹介しています。お客様の組立て実例や施工例が多く載せられており、実際にキットデッキを組立てたお客様の生の声を聞くことができます。また、黒猫店長のカブのブログや担当者のブログが楽しめます。このホームページは ウッドデッキ発信基地 です。

 

.

木のこころTOPに戻る