木のこころTOPに戻る

資源・環境保全と木材利用の関係



都市のもう一つの森林


さて、森林というとそのおかれている立場や思 い入れが絡んで捉え方は人それぞれである。
とく に、自然保護あるいは野生保護といった視点の中 では森林は神聖視されることが多く、そのこと自 体は一理ある。
しかしそれと同様に森林で業を営 む人にとっても森林は資源を生産するという神聖 なものなのである。
木材が人間が生活に密着した ものであることから、人間生活する上での資源生 産の場として林業がとらえられてきたのは必然的 であったともいえる。
 一方、建築分野をはじめとして、各種材料の出 現は、木材(あるいは材木)は数ある材料の中の 一つにしか過ぎなくなってしまった。
それは、あ る条件さえ満たせば、安い資源が好まれることを 意味していた。
世界中の安い資源、木材に目が振 り向けられたことも間違いない事実であり、森林 の荒廃、そして、そこで生活が危うくなった地域 が生じた。
それは二つの姿、すなわち、文字どおり樹木のな くなった森林と木材はあるが生産基盤をなくした 林業、森林である。
都市における鎮守の森や雑木 林の保存の問題とスギ人工林や山村の荒廃の問題 の違いを理解し、それらを共に都市の問題として 促えているかというと、いささか怪しい。
木材利用に一般の人々がやや抵抗を感じるのは、 たとえ人工造林からといえども森林の伐採からは じまるので、生態系に係わるイメージ部分が強い ためである。
俗な言い方をするとテレビの映像や マスコミの写真になり易いのである。
それに対し て金属やプラスチック製品は野鳥、昆虫、野草な どの生態系とイメージ的にはなかなか結びつかな い。
確実に資源・エネルギーの減少(すなわち二 酸化炭素CO2の放出)と廃棄物によって生態系は影 響を受けているのであるが、一般には公害や廃棄 物問題のように人間に跳ね返ったとき問題になる。
目につきにくいだけに厄介であり、焼却場でのダ イオキシン問題然りである。
本来そのような危険 のある材料は使用しないか、回収を含めた十分な 管理下にあるべきであるが、ほとんど問題が出た 時の対処が中心となっている。
冷静に考えれば、 「そんなことはわかっているが、現実の経済の中 では仕方がない」のツケであることは間違いない。
 同様に木材や紙などの生物資源をエネルギー利 用もせずに単純に焼却するために資金と人を使う など全く理にあわないはずである。
にもかかわら ず相変わらずゴミ問題はゴミ問題であり、ゴミ問 題が資源問題に置き換えられる機運はあまりみえ てきていない。
都市ゴミ問題は投棄場所と燃焼の 問題に加えて、環境汚染の問題が強調されるよう になったが、木材や紙などの生物資源を循環型の 資源問題として促える具体的施策はほとんどみら れていない。
 炭素税、デポジットの導入すらままならない状 況然り、塩化ビール然り、薬剤然りである。
供給 者から使用者各々の役割分担を果すクローズドな システムへ移行しなければ単なる対立の構図しか 見えてこない。
オジロ鷲だけでなく、人間すらも 生殖機能に異常の恐れがあるという警告もあるく らいで、生態系がある滅亡に向かって、刻々と変 化しているというニュースは少なくない。
 木造住宅や木造建築などの木材利用を「都市の 森林」として位置付けた意図は言うまでもなく、 将来における目指すべき循環社会は森林と都市の 有機的な連携なしには考えられないからである。
それには「森林」という言葉がもっともふさわし いと思われたからである。
 森林を生き物として扱っている人から「CO2を 吸収固定しない木造を森林というなどもってのほ か」といわれることは十分理解できる。
しかしな がら、我が国の住宅に保管されている木材は炭素 量として我が国の人工造林の森林で蓄積されてい る材の炭素量の48%程度に相当する。
たとえば、 一ヘクタールの敷地に木造総二階建住宅(延床面 積140m2で、約20m3の木材を使用)が二十軒(かな りゆったりした一軒当り300m2以上の敷地と共有地 がとれる)建設されていたとすると、400m3の木材 (かなり立派な五十年生以上の人工造林の森林に 相当する材積になる)が保管されていることにな る。
これを資源とみるのか、単なる人の住む箱と みるか、役割が終わったらゴミとみるかが問われ ている。
.
奈良にある株式会社金幸のホームページです。トップページでは樹齢350年の吉野檜が出迎えてくれます。コンテンツは会社概要、製材施設、貯木場と貯木方法、製品倉庫と一般販売別注品、納材実績があります。主な業務は社寺建築用材、大型木造建築用材向けに吉野檜、木曽檜などを製材しています。巨木を取り扱っているので、掲載されている写真はどれも迫力があって見るだけでも楽しいです。製材施設のページでは、11メートルを超えるものや末口110センチメートルを超える天然檜を製材している写真が掲載されており、迫力があります。貯木場では、水中貯木場と陸土場が紹介されています。このほかに、ひのきの豆知識があり、吉野檜と木曽檜と尾州檜が紹介されています。ホームページは金幸ホームページ です。

木のこころTOPに戻る

v2.3

木のこころTOPに戻る


創刊に当って

建築に携わる方々から日毎に高まる「木の情報が欲しい」との声があります。
木が健康に良いということは多くの人々の共通認識になっており、木の家に 住みたいという願いも大きな高まりを見せているのもその背景となっています。
自然に身を置きたい、自然を大切にしたい、自然のものと触れ合いたいという 自然志向がひとつの底流となっています。
もうひとつは、健康破壊がすすむ 現代社会にあって、健康を守りたい、健康な暮らしがしたい、健康を育てる 住まいと材料がほしいという健康志向があります。
しかしながら、生活者には木材と木の住まいは高いという先入観がある上、 直接、材料を選択する知識も情報も充分ではありません。
その上、住まいの造り手である建築・設計・インテリア関係者や工務店・ 地域ビルダーのみなさんさえもが、木材の情報が充分に得られないもどかしさ と不満でいっぱいです。
「木のこころ」は、自然志向と健康志向の要求に応え、生きた、木と住まいの 情報を、木材の世界をベースに発信したいとの想いを形にするものとして創刊 しました。
もともと日本林業経済新聞社は八十有余年、木材専門紙「林経新聞」を発刊し ていますが、木材の情報を木材の世界へ発信するだけでなく、実際に木材を 欲している人、使いたい人に発信すべき時と考えて「木のこころ」の発刊を 決意しました。
供給者と需要者のパイプ役を果たし、幅広い木材の利用と木の家づくりをすす めるための情報誌ですから、これまでのハウジング誌や住宅専門誌とは違い、 新築住宅の紹介や建築の専門的解説書ではありませんし、大手ハウスメーカーの 宣伝誌でもありません。
伝えたいのは、木と木の情報であり、日本の気候風土に最も適した木の住まい づくりを広い視野で、住まいの造り手、住まい手のみなさんとともに考えたいと 思っています。

創刊号の表紙
タイトルを「木のこころ」としたのも、自然の生き物である木の心を生かした、 材料や建物の具体的情報と木に携わる企業と人々の心を伝えたいとの想いを込め て、単純でわかりやすく、親しみやすくとの考えからです。
あくまでも木と木の住まいにこだわり続けます。
温暖多雨で四季が彩どる日本の 風土に似合い、日本の文化を育ててきたのは木の住まいです。
自然と共生し、 地域の材料を生かす、地場産業としての住まいづくりを大切にし、住まい方と 健康、日本の文化についてもともに考えて行きます。 「木のこころ」が主眼とするのは、木を中心にしながら、二十世紀が置き去りに してきた二十一世紀へのテーマ「自然との調和と共生」「日本の和の心」「心と 身体の健康」「人間らしい暮らし」の追及で、関連する生きた情報、生の声を 取り上げて行きます。
それは、これまでの常識や価値観を乗り越えずにはおけ ないテーマとも考えています。
「木のこころ」では、求められるテーマ~木の特性、森林資源、健康と住宅、 国産材問題、自然環境と木材、和風住宅、木の住まいづくり、塗装と木材、内装 材と外構木材、接着剤と健康、洋風化と高気密・高断熱化へのミスリードや分野 別木材と製品等々~を掲げながら、木と住まいをベースに、人間に関わるものを 幅広く取り上げていきます。
そして、この発刊を続けることが、温故知新で日本の文化、木の文化の復興が すすみ、温故創新で21世紀の時代づくりに少しでも役立てばと多少生意気に 考えています。
さらにこの発刊を通して、住まいに関わる人々の交流が広がり、 新しい芽が育って、ネットワークづくりができればなぁとも考えていますので、 みなさんからの意見、提案も寄せていただき、感想や寄稿もいただければ、 嬉しい限りです。
 酒井哲夫

「木のこころ」のタイトル


タイトルを「木のこころ」としたのは、自然の生き物であ る木の心を生かした材料の情報と木に携わる人々の心を伝 えたいとの熱い想いを込めて、単純でわかりやすく、親し みやすいタイトルをとの考えからです。
この雑誌の最大の特色は、これまでのどの雑誌にもない形 で、木材と木質材の作り手、供給者である木材界サイドか ら、生きた情報を発信するところにあります。
「木のこころ」は、これまでのハウジング誌や住宅専門誌 とは違います。
新築住宅紹介の写真中心でも、建築の専門的解説書でもあ りません。
大手ハウスメーカー依存でもありません。
ですから、これまでの住まいづくりの基本思想になってい る高気密・高断熱・高機能を謳う洋風住宅讃美ではありま せん。
あくまでも木と木の心、木の住まいにこだわり続けます。
日本の気候風土に似合い、日本の文化を育ててきたのは木 の住まいです。
自然と共生し、地域の材料を生かす、地場 産業としての住まいづくりを大切にし、住まい方について もともに考え手行きます。
「木のこころ」が主眼とするのは、木を中心に「自然との 調和と共生」「日本の和の心」「心と身体の健康」「人間 らしい暮らし」の追究で、関連する生きた情報、生の声を 取り上げて行きます。
木が健康に良いということは、多くの人々の共通の認識に なっていますし、木の家に住みたい、木を使いたいという 声も大きなものがあります。
ところが、その情報がない、 入手できない、わからない、との木材界への不満や批判も いっぱいです。
「木のこころ」は、この要求に応えて、木材界サイドから、 建築関係者にダイレクトに情報を提供し、そのパイプ役を 果たします。
「木のこころ」では、毎号、建築関係者が求めるテーマを 中心に、2~3本の企画特集を中心に木と住まいをベース に、自然、環境、健康、生き方、住まい方まで含めた人間 に関わるものを幅広く取り上げて行きます。
そしてこの発 刊を続けることを通して新しい芽が育ったり、ネットワー クづくりができればなぁ、とも考えています。

あなたとの出会いを嬉しく思います。

「木のこころ」は、毎奇数月末発行の隔月刊誌で、平成10年9月29日に創刊しました。 木材の世界に根をおろし、木と木の住まいについての総合的な情報誌ですが、少し毛色が違っています。
木材と木の住まいをPRして、木の家づくりを広げたいと思ってはいますが、視点は根源と未来です。 木というものを考えると、木の良さがまず見えてくるのですが、それは立っている木と森の持っている 素晴らしさの延長線でとらえなければ、正しく理解できないことがわかります。
そこから「木のこころ」は、 木(樹)がどんな役割を持っているのか、何故無数の宇宙空間に存在する星の中で、地球にだけ木が あり、人間たちが存在しているのかという不思議を考え、46億年の地球の歴史と宇宙のしくみまで考え てみることにしました。
そうすることで、木材の持つ数多くの特性がよりはっきりと見えてくることになります。
いっぱいある材料の 中のひとつというものではなく、人間、とりわけ日本人の暮らしにはなくてはならない、かけがえのないもの であることがわかります。
木の住まいをとりあげると、何時から日本は木の住まいだったのか、何故、日本は木の住まいだったのか を探らなければならなくなりました。
そこから、日本の歴史を遡っていくと、学校教育で学んでいない縄文 時代とそれ以前のものすごく高度な文化が見えてきて、日本と日本人の偉大さについて考えさせられて しまいます。
木の住まいの歴史を探ると、そこには、日本という国の自然と地形、気候・風土、風俗・風習 との関係を見ざるを得なくなります。
ところがここでもうひとつ考えざるを得ないことが出てきます。
何故、戦後の日本からだんだん木の家が減り、 山村林業が疲弊したのかという問題です。
それを探ると西洋文明下で日本民族の文化と違う異民族の文 化に毒され、支配されてきた姿が見えてきます。
否応なしに民族性を考え、政治を考えざるを得なくなります。
「木のこころ」は、こんな視点から木と木の住まい、木の家づくりを中心に据えながら自然と木と人間、日本 の文化と民族性、戦後の西洋文明と西洋合理主義、そして「近代」と20世紀という妖怪の姿と21世紀の 基調を考え、近代科学の枠を超えた科学や事象にも学んできました。
「木のこころ」は「森と自然のこころ・宇宙のこころ」とひとつです。
そして、人間もまた自然の産んだ自然の 子で、自然のこころ、木のこころとひとつに結びついた存在です。
「木のこころ」は、そんな想いで、多くの建築に携わる人々と日本人に木と木の住まいのこころを届け、木 の家づくりを大きく広げることを願って発行を続けている雑誌です。
雑誌づくりに精一杯で、ホームページをカッコ良くするところまで頭が回っていませんので、笑われるかもしれませ んが、読んで見て下さい。
創刊号以来、特集を中心にした「木のこころ」のよびかけ、木と木の家づくりに関わる貴重な経験等を紹介 しています。
そして、このホームページを通して「木のこころ」と手をつなげてもらえれば嬉しいなあと思っています。
 酒井哲夫

ウッドデッキ専門メーカーである中川木材産業によるウッドデッキの総合サイトです。自分で作れるDIYの組立キットデッキからエクステリア小物、メンテナンセットなどの販売、ウッドデッキやウォールフェンスの注文施工・工事、業者用の部材供給まであります。直販サイトなのでお客様の様々な要望に答える別注にも対応しています。このほかにも、ウッドデッキのメンテナンスの仕方を紹介しています。お客様の組立て実例や施工例が多く載せられており、実際にキットデッキを組立てたお客様の生の声を聞くことができます。また、黒猫店長のカブのブログや担当者のブログが楽しめます。このホームページは ウッドデッキ発信基地 です。

 

.

木のこころTOPに戻る