v2.8

木のこころTOPに戻る

針葉樹との違いに見る広葉樹の世界

広葉樹とはどんな樹

広葉樹というのは、葉の形が偏平な双子葉植物 に属する樹木の総称です。
針のような細長い先の 尖った葉や針を開いた形の披針形の葉、線形や鱗 片形の葉の針葉樹と区別されています。
広葉樹でも葉の種類は多く、卵形や長楕円形、 鋸歯形、円形、ヘラ形からモミジやクワやイチョ ウ等の葉など様々ですが、立木で広葉樹を見分け るには葉を見るのが一番です、葉の縁や茎のよう な付け根、それに葉先などにも特徴があります。
広葉樹の具体的特徴は後で見ることにしますが、 広葉樹は大きくわけて二つに分類することができ ます。
ひとつは、毎年、春に芽吹き、夏に萌え、秋に 紅葉し、冬に枯れる落葉広葉樹で、日本の四季を 表現する代表的な植物のひとつ、サクラ、ケヤキ、 ナラ、タモ、クヌギ、キリ、セン、ニレ、カシワ、 クリ、トチ、イチョウ、ブナをはじめ、用材とし て使われるものが主にこの部類です。
もうひとつは、ツバキ、シイノキ、カシ、タブ、 モチノキ、サザンカ、ウバメガシ、クスノキ等の 常緑性の広葉樹で、陽のひかりで葉が照ることか ら照葉樹と呼ばれるものです。
照葉樹林は緑濃く 繁った林相を持ち、日本列島を横断する断層、西 南日本中央構造線を中心に育っているようです。
広葉樹の森や林、木は戦時中もさることながら、 特に戦後になって人工林化や用材のために大幅に減少してしまい、雑木林の里山は以前の数%にな っていますが、いま改めて広葉樹(林)の有用性 が評価され直しています。
広葉樹(林)の公益的機能を見ても針葉樹(林) と比較すると、光合成による酸素排出力以外は、 格段の優れた機能を持っています。
まず、広葉樹は、毎年葉を落としますが、この 落葉が堆積して腐葉土をつくります。
そして特に 照葉樹に多いという葉に暮らす無数の微生物が、 土壌に質の豊かさをもたらします。
この土と微生 物が流れて川や川下の田畑、海を豊かにし、農作 物や魚を育てます。
広葉樹の落葉(微生物)こそ が、土と水を上質にし、豊かな国を作るのです。
次に水源涵養、保水能力のすごさです。
広葉樹 は針葉樹と違って広く複雑に根を張り、落葉で出 来た柔らかく粗い土を支え、高い保水力を持ちま す。
さらに根株の跡や穴の中にも水を大量に溜め、 その水を地中深く沈ませて自然浄化と微生物で良 質の水を貯えます。
ですから、地下水と呼ばれる 清水は、およそ百年前の水と言われていますが、 最近の針葉樹林の下や広葉樹の少ない山の出す水 は、充分浄化もされていませんし、最近の雨だと いうことが知られています。
広葉樹(林)を失うことは、幸を失い、国が痩 せることにもつながる大きな問題なのです。

.
2011年7月1日にリニューアルしたばかりの株式会社中2011年7月1日にリニューアルしたばかりの株式会社中喜のホームページです。株式会社中喜は、「見直されるべき日本の素材、銘木」、「伝統美の再発見」、「銘木を感じてください」、以上のことをコンセプトにして、天然銘木を取り扱っている会社です。倉庫を10個ほど所有しており、銘木の在庫は西日本一を誇るそうです。前の事務所は現在、展示場として利用されています。ホームページでは、社内の様子や製材の流れ、事細かに写真や動画を用いて紹介されています。その他にも、取り扱っている商品やその使われ方などがたくさん掲載されています。担当者のブログもあります。ホームページは 銘木の中喜  です。
.

木のこころTOPに戻る