v2.3

木のこころTOPに戻る

21世紀へ  木の家づくりの輪を広げよう


時代は大きな転換をはじめています。
 20世紀、とりわけ戦後の社会の下で、 隅っこに追いやられていたものが表舞台 に立つ時代に来ています。
 木の家づくりは、肩身が狭く、縮まさ れいましたが、人々の80%の支持を背景 に本流になる日を近くにしています。
 1980年代からの先駆的な人たちの努 力で定着してきた木の家づくりの輪が、 いま急速に広がり始めています。
 多くの建築家が木の家づくりを中心に 据えはじめ、研究と学習の輪が広がり、 家づくり集団のネットワークが次々と立 ち上がっています。
 「日本には日本らしい家、木の家がい いんだ」という当たり前のことを、大き な声で語れるようになったのは、そんな に昔のことではありません。
  これからの21世紀は、本来の当たり 前のことを、当たり前とする時代なので すから、当たり前の木の家づくりの輪を、 大きく広げるための2000年にしたいも のです。
 衰退し続ける洋風文化に遠慮すること なく、日本らしさを高々と掲げてすすむ 年になることを念願し、本特集を組みま した。
 拡大し続ける矛盾の現実と文明・文化 の面から21世紀の方向を論考した、そ の(1)。
木の家づくりが本流になる必要 性と必然性を考えた、その(2)。
本流に するためにと考えた、その(3)の3部構 成としています。
 議論と経験を交わしながら、木の家づ くりの輪を広げる一助となることを願っ て止みません。
創業100周年を迎えた中川木材産業の木造景観施設や木の構築物の施工例の紹介ホームページです。それぞれ遊具、ボードウォーク、フェンス・目隠し、ベンチ・テーブル、サイン・看板・モニュメント・門・ゲート、パーゴラ、あづまや、木造橋、イベント関係、テーマパーク、その他室内工事・インテリア工事・商品、その他工事・特殊工事・その他商品の12項目に分かれています。例えば、国際花と緑の博覧会(花博)やユニバーサルスタジオジャパンなどがあります。各項目とも数多くの施工例があります。写真と解説が掲載されています。その写真をクリックすると写真が拡大されます。施工例のほかに、会社の歴史と会社案内があります。ホームページは 屋外景観木材施設 です。
.

木のこころTOPに戻る