v2.3

木のこころTOPに戻る

木の住まいが育てる日本のこころ

住まいの変化の底流に

「住宅に何を求めますか」という質問をすると、返ってくる答 えは、高気密、高断熱、高耐久、快適性、利便性、機能性などが 圧倒的に多く見られます。
科学技術が進歩し、経済的にも発展してくると、要求の方向が 歪んでくるような感じさえします。
住まいとは何かという本質が見えなくなってしまい、住まいに 求めるものがだんだんピントのずれたものになっていることに、 建築界は何等警鐘を鳴らしていないようです。
それどころか、む しろ戦後のモダニズムを大歓迎して受け入れ、近代建築を語り、 造ることが建築家の先進性であるかのような錯覚と自負を呼び、 木造建築を全面的に否定する論陣を張ったことは周知の通りです。
個々には多くの建築家が「日本の家」を考え実践の歩みを強め ていますが、全体としては「モダン」路線を踏襲しているのが現 実です。

建築家の責任と同時に、むしろ、それ以上に責任が大きいのが ハウスメーカーだということは言うまでもないことです。
施工が 楽で工期が短く、専門大工職人も要らず、原料費も安くして大量 に売れて、儲かる家づくりをめざしてきたのです。
そのための資材の規格工業化であり、大壁工法のプレハブに始 まる洋風住宅づくりだったのです。
それをごまかすための〝モダ ン〟で見栄えのするものや、機能をくっつけたものにして高く売 りつけ、今日風の住宅を全国に広めてきたのです。
平均耐用年数26年というのが当り前ということを意識づけた のもこんな住宅で、政治力を動かして建設省による10年保証、 20年保証などの規準もつくらせたのですから、本当は大犯罪と 言うべきものです。
建築家も工務店も、家づくりを流行の商品づくりとしたり、造 り手(売り手)の都合を押しつける儲け主義の材料であったりす るような家づくりの応援団や協力者であってはいけない時代に来 ています。
近代化、進歩的、科学的、合理的と表現される西洋文明が完全 に行き詰まりを見せている今、家づくりもまた〝近代モダニズム〟 の自己陶酔から目覚め、「住まい」「家」の原点から考えるべき ときに来ていることを知ってほしいものです。

家は家族の「和」と「愛」を育てる場
では、その「家」とは何か、「住まい」とはどうあるべきかを 考えます。
家は何のために必要なのかという初歩が忘れられているのが今 日風の家ではないでしょうか。
人間が社会生活を営むための基礎となる最少の単位が家族です 。
家の定義を見ると「一家族が住むための建物」「家族全体によ って形作られる集団。
特に旧民法で、戸主の支配権で統率された 戸主と家族の共同体」「代々伝えて来た家。
祖先から伝え継がれ る血族集団」(広辞苑)とあるように、家族・血族集団という住 む人と家は同義語のように記されています。
ですから家は、家族が一緒に暮すところで、語り合い、食事を し、眠るところです。
そこで大切になるのが家族の和であり愛で す。
家は、生まれてから成人になるまでに、社会生活に対応できる ようになるための道徳や知識を含めた人間形成の場です。
社会人 になれば、一日の仕事を終えて帰り、疲れを癒し、明日への英気 を養う場です。
人間形成や英気を養うために大切な要件は家族の和と愛です。
和と愛のない家でどうして子供が健やかに育ち、また、疲れを癒 すことができるでしょうか。
ギスギスした家庭環境、喧嘩ばかりの夫婦、無責任で家族や子 供をほったらかしの父や母の下では、子供はどうなるでしょうか。
見栄えや格好良さばかりの家で語らいもなく、団欒もなく、テレ ビが会話を断ち、個室に鍵をかけるような関係で和を育て、愛を 育むことができるでしょうか。
親にしても「おい」「ああ」くら いの会話の日々だったり、角を突き合せていたり、粗大ゴミのよ うに扱われる夫であっては、寛いで明日への活力を育てることが できるでしょうか。
「主人元気で留守がいい」なんてことが平然 と言われる家庭が果して健全と言えるでしょうか。
いま日本には、こんな家庭がいっぱいあるのです。
その原因の ひとつが家のつくり方と材料、それに住まい方にあります。
洋風住宅は、その概念と造りそのものに西洋文明を持っています。
と言うよりも西洋文明観を形に現わしたのが洋風住宅です。
排他主義、個人主義・自己中心主義の思想が気密性、個室、椅 子の生活をつくり、外部と対峠すると同時に、家族の語らいの場 と機会を奪っているのです。
ですから、洋風住宅というのは、家というものの持っている一 番初歩的で、また一番根本となる和みを生み、愛を育てるという 精神性や日本的な文化を根底から否定しているのです。
親の自覚や水準の問題もありますが、どんな外部的なマイナス の要因があろうとも、基礎単位の生活の場となる家が家族の絆を 結び、和と愛を育てることができている限り、心を育て文化を育 てることはができるのです。
日本の家はそれをしてきたのです。

家は本来健康を育てるところ
 
家が和と愛を育てる場であるならば、次に問題となるのが健康 を育てる場となることです。
どんなに便利で、どんなに高級で付加価値が高くても、健康を 破壊する器であっては、本当の家とはなり得ないのです。
健康の問題について、本誌では折りに触れて書いていますが、 本来、自然界に生きている動物はみんな健康です。
人間がまき散 らす農薬やダイオキシンや原水爆などで傷めつけられない限り病 気などにはなりません。
動物たちと同じく、自然の産物である人間もまた、本来は健康 なのです。
健康を守るのではなく、健康であることが当り前なの です。
ところが今日の社会は、至るところが健康破壊の場となってい ます。
こんな社会の中だからこそ、せめて家は、健康を破壊する 場ではなくて、健康を育てる場でなくてはならないのです。
外に 七つの害(七人の敵)があっても、家は頼もしい味方でなければ ならないというのが家の役割です。
健康住宅の考え方についての詳論は、本誌創刊号と第七号で書 いていますが、昔からの日本の家は、健康や不健康を論じたり、 考えたりする必要のない家でした。
それは、何回も繰り返えしていますが、自然と調和・共生し、 自然の素材を使って造った家で、住まい方も自然とともにあった 家だからです。
ところが、今日風の洋風住宅は、健康を破壊する器そのもので す。
自然との断絶で光も風もエネルギーも遮断して、健康を育て る要素を奪い去っています。
家の中を見れば有害な揮発性有機ガ スや石油製品から出る有害ガス、電磁波と低周波音とプラスイオ ンだらけです。
洋風住宅観をそのまま取り入れた上に、有害物質 の巣窟みたいな家では、不健康・病気にならない方がおかしいく らいです。
この不健康さへの度合いを減らして「健康住宅」を説くのはお 笑い草でしかありません。
材料の問題だけではなく、住宅観その ものが根底から違うのだという認識を広げることこそが大切にな っているのです。
こんな状態の中での家づくりを、不健康を防止するという発想 では、本物の健康住宅に追いつけないのです。
本気になって健康 を育てる家づくりをしなければ、洋風住宅との違いを作れないこ とになります。
自然との共生を大前提に、自然の材料を使い、自然のエネルギ ーを取り入れる対策を可能な限り取り入れずには、本来の家は造 れません。
先に触れた和と愛で心の健康を育てる家づくりをし、さらに肉体 の健康を育てる家づくりをするという考え方が、家というものの 根底に据えられることが大切なのです。
家の寿命は120年以上

社団法人大阪府木材連合会の公式ホームページです。社団法人大阪府木材連合会とは、大阪府下の木材業者の相互の協調と資質向上や木材産業の発展や木材需給の安定化を目的とし、大阪府の経済発展や府民の生活向上を目的とした団体です。ホームページでは、大阪府木材連合会についてや木材や木製品の売買のページ、リフォームマイスター、木材利用クラブ、木のいえ相談窓口、合法木材について、林業・木材金融制度などのページがあります。他にも、連合会主催のイベントや講習会の情報などが紹介されています。また、木に関する質問に答えてもらえるページもあります。このwebへのリンクは 社団法人 大阪府木材連合会 です。
.