v2.6

 南大阪大学

中川木材産業㈱ 中川勝弘

1.会社紹介

 中小企業だか、時代の流れに沿い、財務内容のよい、企業文化のよい、社会に貢献している立派な会社
    勝組、貸し渋りなし、赤字は現在までなし
    5つの部門、部門により流通の位置付けが異なる




2.社会とは、会社とは

会社とは
   利益追求と存続
    すべてが利益確保からの考え
   社会を豊かに、社会に貢献する必要あり
   仕事を提供してくれる場  
     給料をくれる
     人を成長させてくれるもの
   学校と企業の違い
    集団と組織
    平等と公平
    仲間意識ではいけない
    規則が多い
    時間にうるさい
    スピード
   企業人の5つの意識  目的、協調、原価、プロ、顧客
   日本語の取り違え
   思いのある人間が勝つ   頭、体力、技術、創造、対人関係などの総合力    
社会とは、自然の法則
  自然界の法則、弱肉強食  ex人間  平等ではなく公平
  学歴は関係ない
  人にはその人なりの存在価値がある
  認めること(承認意識)
  全体にバランスがとれる  時間的、空間的
  成功する人、しない人  『能力技術、賢さ』×『努力熱意、情熱』×『考え方』  幸せを得るのは 
  どんな人か
  願うこと、思うこと、潜在意識に達するまで願い思い続けること




3.どんな会社に入社したいか

  業種、民間か役所か、会社の規模、伝統、 ここでも自然の法則が働いていること、
  どうやっていい会社をみつけるのか  
いい会社とは
  企業文化、経営理念 現在ですとホームページ等がありますから、これで随分と会社の考え方が
    わかります。印刷パンフレットではなくホームページを注意深くチェツクした方がよいと思います。
    なせなら、印刷パンフの場合はかなりの時間をかけて制作しますが、ホームページは短時間で
    作成するからです。
    その分会社のいろいろなことが出やすいのです。
  将来性、 その会社の業種、その会社など、これから発展するか、衰退するか少し問題意識を働か
    せばわかります。
  財務内容が重要 現在ではデジタル化のおかげですぐに会社内用がわかります。
     帝国、東京商工リサーチ等で調べれば1200円でわかります。 
  社長や代表者の考え方がよいもの  経営理念がきっちりしているもの、社員のようすや先輩の意見
     を聞く、ホームページをチェック、メールを送る、顧客になってTELする
今中小企業がおもしろい
     現在であれば、危険負担の大きい大企業よりも堅実で成長している中小企業の方が面白いと
     思います。組織のコマになりきって働くのか、人間的な成長をもさせてくれる中小企業、商店で
     働くのがよいか、選択は自由です。




4.どのような人材がほしいのか どのような人が期待されているか

 ここに掲載の内容は会社にもよります、人を生かしていこうと考えている会社、成長しょうとする会社の場合は
 ここに記載の考えと同じような考えと思いますが、そんなことも考えない会社も多いのが現実です。
人として 
 1.一般論で言えば(大企業、役所は少し異なる)
   素直な人、もめごとをしない人、協調性のあるひと、いろんな勧誘をしない人
     躾がきちんと出来ている人、挨拶がきちんとできる人、家庭が円満であること、
   社会常識がある人 努力できるひと、忍耐強い人、責任感のある人
   頭はそれほど重要ではない、気づける人、宗教活動をしない人、
 2.不景気には個性のある人は難しい
   個性のある人、創造性のある人を採用したいという話しがよく出るがこれはほんの一部の優良会社
   である。中小企業ではあまりない、特に景気が悪いと企業にも余裕がなくなるので、個性のある人の
   希望する会社はますます少なくなる。
   個性も誤解されやすい言葉だ、個人商店を考えたらわかりやすい。個性が強すぎる店主はファンも
   出来るが多くの客は離れてしまう。
 3.ひとりで考え、実行できる人を求める  
   企業が実際に欲しい人材はこのような人。(企業の考えにもよるが)
   この種の人材は、会社教育で最後の段階の人である。
   ちなみに私たちの会社には教育の4つの方針があります。参考までに記載しますと
   この教育戦略の最後、つまり目標が「自分で考え、行動できるようになる人」なわけです。
   ですから、このことが最初から出来る人が一番欲しい人材となります。
   それで、取り合いになるわけです。しかし、一般的に言ってこのような人材はそんなに
   多くいるわけがありません。むしろ上記の1が出来ていない人が多いのです。
   少なくとも1がだいたい出来ていれば企業はとてもうれしいです。
 4.まず、思う(願う)こと 
  受験間際にあわててもダメで、多くの良識ある会社の面接管は急ごしらえの人物は見破ってしまいます。
  企業によって異なりますが、いい会社の欲しい人材は入社後、早い段階で上記の「自分で考え
  実行できる人」を求めています。このような人材になるには短時間の練習をしただけでは無理で、
  少し時間がかかります。
  人間が変わらなければならない。大変でもあり、わりと簡単でもあります。
  企業が求めている人材になろうと思うことからスタートです。この思うこと、願うことが出来れば
  あとはその人の努力次第です。

ITや情報関係
 データーベースが基本(アクセス、桐、ファイルメーカー等)
   実際住所録などを作成し使ってみること、葉書の宛名印刷、文章の差込印刷、条件で検索し数多くの
   メールを送信する
   利用してみて、便利だと思えるようになったら合格
 必要ソフト
    ワード、エクセル、アクセス、パワーポイント、アウトルック、IE、ウイルスワクチンソフト、
   携帯メール  Iモード、日本語辞書のCOPYや移動、メールの同報送信、メールの自動仕分
 今から有効なソフト、技術
   ホームページ作成運営、アクセス、パワーポイント、インターネット、社内ネットワークの知識
 実際に使いこなせること 
   ハードスペックなどにこるのではなく、パソコンオタクではなく、自分自身が趣味や仕事の整理として
   利用できること
 デジタル処理のことを理解しておくこと、文字などのテキストと画像ファイルとの違い
      データーベース、表計算、ワープロの特徴と違いを理解しておくこと
推薦図書
   書籍は十分な教養となります。時間を作って読むことを進めます。
   資料の6冊は読みやすい文章の本です。




5.面接について、間際の努力

スラスラはだめ、よくある「御社の企業理念に感動して」はだめ
 車、
 服装、
 容姿、
 話し方 「---じゃないですか」は最悪
面接官が知りたいこと  家族のこと、家庭のこと、宗教、
   自分の考え方(思想)を出さないとダメ、その場のみごまかしでやろうというのはまったくダメ
   会社には使用期間があります。この期間内であれば入社取り消しもありえます。




南大阪大学講演