v2.3

木のまめ知識

 

高級な木もヒノキ、安物の木もヒノキという話

一般に桧は高級材と思われていますが、実
は土木、造園業界では
安物の木というのが常識です。
例えば住宅建築土地の測量等するときの先をとがらした丸太が ヒノキとすぎです。公園や道路の樹木を支えている木や横に支え ている木もすぎとヒノキです。この直径が5-10センチぐらいの 木がいま問題になってきている間伐材なのです。柱などにつかわれ る一人前のヒノキになるためにはその山で間引きをしななければ なりません。しかし、人手不足、不採算などの理由で間引きが やりにくくなっているのです。おおげさに言えば山では測量杭の ような材料は価格は0円で最終ユーザーに渡るときの価格は運賃の 費用だけということになります。そりやそうでしょう先をとがらせる 加工をして1本150円(長さ1M直径7センチ)ぐらいのもの ですから。いまどき長さ1Mのくらいのもので 150円で買えるものがありますか。

 

(1996.10.15より) /最終更新日 2015年10月15日