v2.3

木のまめ知識

 

長寿の木が大木になるのはどうして

生物にはそれぞれ寿命があります。なかでもいちばん長生き> するものは樹木。実際に100年も生きる動物は、人間も含 めてそんなにはいません。しかし樹木は、もちろん短命なも のもありますが、一般的に長生きです。シデ150年、ブナ 300年、カラマツ600年、ナラ2000年、イチイ30 00年というように。セコイヤ、メキシコラクショウになる と、4000~5000年といわれ、アメリカのカリフォニ アにあるブリッスルコーン松は4600年の寿命を確認され ているそうです。日本で近ごろよく話題になる屋久島の屋久 杉は「縄文杉」「大王杉」と呼ばれて、推定樹齢6000~ 7200年という長寿を保っているものがあります。
木は生きている間に、上長生長、肥大生長を続け、上長生長 のほうは寿命のほぼ1/3ぐらいの年数で止まり、肥大生長 のほうは、その後も何百年間か続き、長寿の木は一般に大木 になるのです。長寿巨大木で名高いセコイヤアオスギは、直 径10m、樹齢3000年を数えるものが年輪によって確認 されています。カナリア諸島の龍血樹は、地表1mのところ の直径15m、樹齢は6000年です。高さでは、センペル> セコイヤ(レッドウッド)が、124mもあるそうです。
そこでいろいろな要素を考え合わせて、世界一の巨木という と、アメリカ・カリフォルニア州のセコイヤ国立公園にある ゼネラル(将軍)・シャーマンでしょう。
このギガントセコイヤは、樹高82m、直径11m、材積1388立 方m、重量6000t以上もあるということです。
(1996.10.15より) /最終更新日 2015年10月15日