v2.3
1994年版 Ver. 2.3   絶滅危機「Endangered(EN)」  
検証された証拠が以下の基準(A-E)のどれかに合致している場合、
絶滅寸前ではないものの、近い将来、野生絶滅のリスクが高い場合には、その分類群は「絶滅危機」とされる。


A.以下のいずれかの形態で、個体群が縮小している


1. 以下のいずれかの基準に基づいて、過去10年間、若しくは3世代のうち、どちらか長い方の期間で、少なくとも50%の縮小が観察、推定、推論され、あるいは疑われる。




(a)直接の観察
(b)分類群にとって適切な個体数レベルの指標
(c)生息地の面積、分布域の大きさ、あるいは生息地の質の減少
(d)実際のあるいは潜在的な捕獲のレベル
(e)外来種、雑種形成、病原体、汚染物質、競争種、寄生種の影響


2. 上記の(b),(c),(d),(e)のうち、いずれかに基づいて、次の10年間若しくは3世代、どちらか長い方の期間に、少なくとも50%の縮小が予測あるいは想定される

B.分布域の大きさが、5000km2 未満、あるいは生息地の面積が500km2 未満と推定され、以下の2つのうちのいずれかに該当する。


1. 強度の分断がある、若しくは知られている生息地が5ヶ所以下の場合。


2. 以下のいずれかにおいて、連続的減少が観察、推論、予期された場合。




(a)分布域の大きさ
(b)生息地の面積
(c)生息地の面積、大きさ、質
(d)地点あるいは下位個体群の数
(e)成熟個体の数


3.
以下のいずれかにおける、極端な変動




(a)分布域の大きさ
(b)生息地の面積
(c)地点あるいは下位個体群の数
(d)成熟個体の数

C.成熟個体数が少なくとも2500未満と推定され、かつ、下記に該当する。


1. 過去5年間若しくは2世代、どちらか長い方の期間に少なくとも20%の連続的減少が推定される。


2. 以下のいずれかにおいて、成熟個体数や、個体群の構造において、連続的減少が観察、予期、推論される。




(a)強度の分断(どの下位個体群も250以上の成熟個体を含まない)
(b)全ての個体群が単一の下位個体群にある

D.成熟個体数が250未満と推定される。

E.野生絶滅の可能性を示す定量的分析が、20年間若しくは3世代、どちらか長い方で、少なくとも20%である。